子供の映画デビューなら『しまじろうの映画』が安心でオススメ!!

子供の映画デビューなら『しまじろうの映画』が安心でオススメ!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、しまじろうの映画を見に行ったお話。

我が家の坊っちゃんは、ちょうど一年前に見た「しまじろうとおおきなき」にて映画館デビューしましたが、子供に配慮された仕様になっているのは勿論、飽きない工夫も沢山あって、大満足のファーストムービーとなりました。

※参照記事
しまじろうの映画は2~3歳の子供にオススメ!!

その後は、しまじろうのコンサートに行ったり、「アンパンマン」や「ドラえもん」といった映画も見たので、映画館のような暗い場所も問題なし。それでも、しまじろうの映画は見たいらしく、「しまじろうと えほんのくに」の前売りチケットを購入してありました。

しまじろうの映画が安心な理由!!

幼児向けの番組なので、テレビを見て知っている子供達が多く、馴染みのあるアニメとなっている事も、安心できる理由の一つですが、一般映画ではタブーとされている、映画館特有のマナーが緩く設定されているのが大きな特徴。

しまじろう映画のルール

映画が始まる前には、上記の映像が映されますが、こういった動画を見ていても、子供に配慮された仕様になっているのが良く分かります。

真っ暗にならない
暗い場所を怖がるお子様の為に、映画本編の上映中も真っ暗になる事はありません。少し薄暗くなる程度で、子供が驚かないよう音量にも配慮されています。

声を出しても良い
子供がグズったり泣いたりしても、大きな心で気にせず見守ろうといった案内があるので、神経を使う一般映画とは違って、親の立場からも安心できます。

途中で休憩がある
映画が始まってから30分ほど経つと、物語の切替えシーンで6分間の休憩が入ります。その間に、トイレを済ませたり感想を話したりと、子供達も気分転換できます。

こういった配慮が、幼児でも安心できる特徴になると思いますが、映画本編の中でも、事前に配られているメガホンを使って応援したり、しまじろう達から出題されるクイズに答えたりと、子供達が飽きずに見られる工夫が詰まっています。

映画館へ出発!!

ネット予約が出来ない前売りチケットらしく、席の確保は当日になりましたが、チビッコが少なそうな時間帯を選んだ事もあり、希望した座席を指定できました。なぜだか、ハナちゃんを連れての出発となりましたが…(^_^;)

ガーデンズに到着
しまじろうを観に映画館へ

ポップコーンを要求
ポップコーンを購入

何も買わずに入場するつもりでしたが、ちゃっかりとポップコーンを要求。仕方なしに、キャラメルポップコーンを買おうとすると、スタッフさんの前で「キャラメル嫌やなぁ~。塩バターが食べたかったなぁ~」と悲しげにアピール。なら、塩バターにしてやるさっ!!(汗

しまじろうと えほんのくに
しまじろうと えほんのくに

ポップコーンを頬張る
ポップコーンを頬張る

とりあえずは、ドリンク等をセットして着席。坊っちゃんを待たせて、子供用のシートを取りに行きましたが、一年前は一人で待つのが怖くて付いてきたものの、今回は座りながらポップコーンを頬張ってました。これも、成長した証ですかね~(^_^;)

『しまじろうと えほんのくに』について

上映前のCMが終わると、前々項で紹介した「はじまるよ」の映像が流れ、映画の本編がスタート。アニメが中心になっていますが、実写のしまじろう達が登場して、ミュージカルっぽく歌って踊るシーンもあります。映画のストーリーは…。

映画紹介

しまじろうと えほんのくに
ある日、海辺で見つけた一冊の不思議な絵本。それは、しまじろうが幼いころに大切にしていた絵本でした。しまじろうたちを呼ぶ愛らしい声とともに、なんと絵本の中に吸い込まれてしまったしまじろうたち…!

かわいらしい「プニたん」と出会い、いっしょに森やお菓子の町などさまざまな世界を進んで、絵本の国をたすける冒険に出ます。

途中しまじろうと、とりっぴいがけんかをしたり、絵本の住人たちに追いかけられたり大変なことに。はたして、みんなは絵本の国をたすけ、無事に元の世界に帰ることができるのでしょうか?

引用元 :『劇場版しまじろうのわお!

しまじろうが小さい頃に読んでいた、絵本の中の世界を救う冒険の話しでしたが、話が終盤に近づいた頃、「とりっぴい」との友情にジ~ンとなりました。大人の目から見ていても、物語に惹き込まれる作りになっていると思います。

子供の映画デビューなら『しまじろうの映画』!まとめ

子供向けの映画として、アンパンマンも見に行った事がありますが、幼児教材を扱っているからか、やはり「しまじろう」の映画は、小さな子供達を惹きつけるポイントが多く、他の映画とは気配りのレベルが違うような気がします。

休憩中
しまじろうの映画には休憩時間があります

休憩があるのも飽きない為の工夫だと思いますが、残り時間がスクリーンに表示されるので、トイレに行ったり気分転換をしたりしていても安心。

映画を見に来ている方々も、同じ位のお子様連れなので、周りの目を気にせず、楽な気分で過ごせるのが良いですね。上映中に泣いているお子様が居ましたが、夢中で映画を見ていますし、状況が分かるだけに気になりませんでした。

お客様の感想

幼児向けの映画は色々あり、子供が好きな映画を見るのが一番だと思いますが、「しまじろう」の映画は、子供も大人も安心して楽しめるので、映画館デビューのファーストムービーとしては最適だと思います!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「育児&遊び場」ジャンルには 「145件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※4月23日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!