サム・アックス 最後のミッション

シェアして頂けると嬉しいです!!

前回の記事の続きです。

第4シーズンで「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のスピンオフ「サム・アックス 最後のミッション」が一緒にレンタル開始になってましたね。

勿論、即見ました!!(笑)

サム・アックス 最後のミッション

酒とビールとジョークをこよなく愛し、最近、めっきり丸くなってきたサム。が、実は海軍特殊部隊出身で、マイケルとも知り合ったのもその頃だとご存じだろうか。

本国では、そんなサムの現役軍人時代にフォーカスした貴重なエピソードがシーズン5開始前、スペシャルドラマとして放送。

「The Fall of Sam Axe サム・アックス 最後のミッション」と名づけられた「バーン・ノーティス」初のスピン・オフ作品で、日本では、シーズン4と同時リリースとなった。脚本はもちろんマット・ニックス。監督はジェフリー・ドノヴァンが務めた。

05年、サム・アックス中佐は軍法会議にかけられている。

遡ること2週間。サムは上官のメイトランド提督の妻との情事がバレ、コロンビア送りになっていた。現地でサムはエスパーダ・アルディエンテという反政府組織の存在と彼らの次の標的が民間の診療所だと聞かされる。

ところが、それらはすべて民兵のベラクルス隊長らが仕組んだ罠だった。サムは彼らの元から逃げだすが行く当てがなく、最後には例のテロ集団のアジトにたどり着く。

義憤に駆られたサムは彼らを保護しようとするが……。

これまでたびたび登場しているサムの偽名、チャック・フィンリーの由来やスパイ時代のマイケルとサムのやり取りなど、ファンなら思わずにやりとしそうな箇所がいっぱい。

なかでも見逃せないのはサムがチェーンソーを振り回す姿。今ではすっかりサムとして定着したブルース・キャンベルだが、もとは『死霊のはらわた』の主役として知られ、このシリーズでチェーンソーはブルースお約束の武器なのである。

残念なのはフィオナとサムが出会う前の話のため、彼女が登場しないこと。次回のスピン・オフではぜひ、IRA時代のフィオナを主人公にしたマイケルとの熱いロマンスに期待したい!

要は、昔のサムの話。
これもサラっと見れちゃいました!!

中でも、最後の方に「チャック・フィンリー」とサムが名乗るシーンがあるんですが、本当にニヤリです!!

あぁ、こうしてチャック・フィンリーが誕生したのか!!(笑)

スピンオフなんで見てなくても本編にそれ程影響ないと思いますが、第5シーズンではこの話が多少出てくるみたいですね。

という事で、「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」と合わせてチェックしてみて下さい!!(^^♪

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※10月19日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!