洗濯フワフワ

フワフワの洗濯物に憧れて色々試してみた結果!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、洗濯の方法についてのお話。

次男が産まれてから、しばらくはプチ独身生活だった訳なんですが、その間にふと気になったのが洗濯物のフワフワ加減。

今まではそれ程気にした事が無かったんですが、洗濯物をたたんでいるとガシガシのバスタオルが気になり、せっかく洗濯するのであればフワフワのバスタオルに仕上げたいと思ったのがキッカケです。

普段から洗濯はしているので手順は分かっていますが、フワフワに仕上げる為に調べた結果、色々と改善しないといけない項目を発見し、この1ヶ月間色々と試していました。

今までの洗濯方法

これまでは、早く片付けば良いと思い、ガガッと洗濯物を入れたら、すすぎは1回のスピーディーなコースに設定。使用する洗剤は、せっかく洗濯するなら綺麗になった方が良いと思い、目分量でドボドボと多めに。

すすぎの際に入れる柔軟剤も、たっぷり使った方が良いだろうという事で、洗剤と同様ドボドボと目分量。脱水は、キチキチまで水分を飛ばしている方が早く乾くだろうという感じで、設定できるマックス時間に。

こんな感じで洗濯すると、ガシガシなバスタオルの完成。

なので、色々と調べてみたんですが、フワフワを目指すにはタブーの事ばかりやっていたようで、根本的に間違えていました。

洗剤と柔軟剤は規定量・すすぎは2回

今まではドボドボ入れていた洗剤ですが、ボトルに書かれている目安を超えて多く使うと、すすぎ後も洗剤が残ってしまい、柔軟剤の効果を減らしてしまう事が判明。どうやら、沢山使えば綺麗になるという事では無いようです。

次に、今までは「すすぎは1回のスピーディーコース」で洗濯をしていましたが、すすぎは2回の方が洗剤が残る事も少なくなり、柔軟剤が本来の効果を発揮しやすいとの事。

更に、脱水をガッツリ掛けると柔軟剤の成分まで飛ばしてしまうようなので、適度に掛けるのが良いらしい。

干す時はバシバシ振って陰干し

洗濯が終わり、バスタオルを干す時に、そのまま干すのでは無く、洗濯直後に寝ているバスタオルの目を起こしてあげるようにしながら、バシッバシッと何度か振ってから干す。

バスタオル等の繊維は
目を起こす

こんな感じで「U」字になっているのですが、洗濯するとベチャっと寝てしまうので、振る事によって起こしてあげる。更に、お日様がカンカンと照っている所に干すよりは、風が通る少し影になった場所に干す方が良いとの事です。

洗濯布ふわふわを使ってみる

乾燥機の中に入れて使うとフワフワに仕上がる、ドライヤーボールなる物があるらしいのですが、うちには乾燥機自体が無いので使うことは不可能。このドライヤーボールの代替品は無いかと探してみたところ、良さそうなアイテムを発見。

それがコレ!!
洗濯フワフワ

洗濯物と一緒に入れて洗うと、洗った物がフワフワになる洗濯布ふわふわという物。この商品の紹介はこんな感じです。

体感アンケートの90%が効果【あり】と答えています!
洗濯機にサッといれてお洗濯。これだけで洗浄、柔軟、消臭力がアップ!特殊セラミック繊維のパワーによる水の活性化効果で、お洗濯物をソフトに仕上げるタオル型の柔軟剤です。水の洗浄力を高めるので汚れ落ちが断然アップ。

柔軟剤を使用しなくても、お洗濯のごわごわ感をソフトに仕上げてくれる優れもの。洗濯仕上がり時や乾燥機から出した後のカビ臭さなど、気になる臭いを取り除きます。

引用元 :『株式会社ハッピートーク

これらを実践しながら洗濯してみた

まずは、洗濯機の中に洗うものを詰め込み過ぎず、衣服が多い時は数回に分けて洗う。すすぎ2回コースにセットし、「洗濯布ふわふわ」も入れて洗濯を開始。使う洗剤は、ボトル裏の目安を参考に、多く入れずキッチリと分量通り使用する。

すすぎの2回めが始まった時に、柔軟剤を入れる。これも目分量では無く、洗剤と同様でボトル裏の目安を参考にキッチリと。脱水はマックス時間では無く、6分程で終了する。

洗濯が終わったら、バスタオル等のタオル類はバシッバシっと振りながら、風の通る場所に干す。これらをまとめて実践すると、バスタオルはビックリする程フワフワになり、今までと手触りが変わりました!

色々試してみた結果・まとめ

これらを試してみると、最初に驚いたのが洗濯物を干す際の手触りが全然違う事。靴下やタオルを手に取った瞬間に「柔らかい」と分かる程です。「洗濯布ふわふわ」有りと無しの状態で試してみましたが、やはり「洗濯布ふわふわ」を一緒に入れて洗った方が手触りが柔らかくなる気がします。

こんな感じで1ヶ月間色々と試した結果、バスタオルをフワフワに仕上げるには、何と言っても「バシッバシっと振る」のが効果的で、色んな方向に持ち替えながら、腕が筋肉痛になる位バスタオルを振ってから干すと、乾いた後の厚みが全然違います。

という事で、フワフワの洗濯物を目指すなら、すすぎは2回にして、洗剤と柔軟剤の分量はキチンと計る。脱水は掛け過ぎず、干す時は腕がプルプルするまで振ってあげる。この辺りがポイントになってくるように思います。

今までは自分が洗濯すると、奥様から「洗剤や柔軟剤の減りが激しい」とクレームが出ていましたが、何をケチくさい事をとスルーしていました。本当に申し訳ないです…(汗

最後になりますが、Tシャツや枕カバーなんかの男臭いニオイも何とかならないものかと試してみましたので、次回はミドル脂臭を減らす洗濯の方法について書いてみたいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2015年2月13日 AM 10:14

    お疲れ様です。

    洗濯はやりませんが、確かにゴワゴワしたヤツ多いですねー。
    体洗うタオルはゴワゴワなヤツでガシガシ洗うのが好きですが、体を拭く時はフワフワがいいですもんねー。

    なので私の場合、フワフワなタオルを選りすぐります!笑

    タオルとかって洗濯する度に、生地が薄くなってる気がしますが、そんな物なんですかね?

    • comment-user
      MACO
      2015年2月14日 PM 9:36

      「洗濯はやりませんが」って!!
      やりましょうよ!!(笑

      色々と調べてみたところ、タオルや衣類なんかにも寿命があるらしいのですが、自分としては新品のバスタオルって好きじゃないんですよね~。

      新品のバスタオルは、拭いている時に水分を弾く感じがして…。使い込まれているバスタオルの方が、ギュっと水分を拭き取ってくれる気がします~(^_^;)

  2. comment-user
    農業やってる農大生
    2015年2月13日 PM 7:30

    仕事で農場で作業してるときにタオルを頭に巻きつけているのですが仕事が終わるころには髪の毛ぺちゃとごわごわな髪の毛の完成って・・・・
    ごわごわなタオルよりもふわふわなタオルで仕事すれば帰りには髪の毛ふんわりで帰れるかも。なのでその方法試したいと思います。

    • comment-user
      MACO
      2015年2月14日 PM 9:39

      ふわふわなタオルで仕事すれば、髪の毛ふんわりになるのかは分かりませんが、肌触りが良い方が気分的にも嬉しい気がします。

      実は、この洗濯シリーズ、あと2回分程記事を書いてありますので、それらを見て色々と試してみて下さい!!(^^ゞ

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※6月26日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!