洗濯しても枕やTシャツに残る男臭いニオイを何とかしてみる!

洗濯しても枕やTシャツに残る男臭いニオイを何とかしてみる!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、洗濯物に残る男臭いニオイを減らす事にチャレンジしたお話。

前回の記事で、いつも使っているバスタオルをフワっと仕上げる事に成功したんですが、洗濯物を取り入れて畳んでいる際、気になったのがTシャツ等に残る男臭いニオイ。

基本的には柔軟剤の心地良い香りがするんですが、その香りに紛れて男臭いニオイが微かにフワっと香る事がありました。

別に、気にならない程度のものなので、スルーしてしまっても良かったんですが、せっかく洗濯するのであればという事で、この男臭も何とかしてみようと、色々試してみました。

まずは男臭いニオイの原因を調査

あの独特な香りの原因を調べてみると、基本的には皮脂に含まれる物質が原因で、汗をかいた時の状況や、普段食べている物でもニオイが変わってくるとの事。どうやら、お肉等の動物性タンパク質を多く摂っていると、加齢臭もキツくなるようです。

また、一言で「汗」といっても汗には2種類あるようで、成分の殆どが水分で構成されている体温調節時の汗と、緊張や興奮時に出てくる脂質やタンパク質、糖質等で構成される細菌が好むニオイの元になる汗。

調べていると、40代からと30歳前後でニオイの成分は違うようですが、思春期の頃から汗に含まれるニオイの成分がキツくなるらいしので、男臭さとは長い付き合いになるのでしょうね。

どの世代でも、皮脂に含まれる物質やタンパク質、角質成分が原因なのは同じ。

一番効果があった洗濯方法!

男臭さの原因は、汗や皮脂という事が分かったので、色々と試してみた結果、一番効果があったのは、お湯+オキシクリーン+ナノックス+柔軟剤の組み合わせ。

オキシクリーンは洗濯以外にも使えるオールマイティー酸素系漂白剤なんですが、奥様が買っていたので少しばかり拝借。

まずは、40~50℃程度のお湯を準備し、規定量のオキシクリーンを入れて撹拌。オキシクリーンが適度に溶けたら、その中に枕カバーやTシャツといった、ニオイが気になる洗濯物を2時間程浸け置きして、後はナノックスを使って前回の記事の注意点通りに洗濯。

この方法で洗濯すると、今まで微かに香っていた男臭さも殆ど消え、今まで試した中で一番効果があったように思います。

ただ、この方法だとオキシクリーンが使える物を分別するのと、お湯を準備する手間。それに、浸け置きしておく時間も掛かるので、日々の洗濯時に細々とやってられない感じ。なので、他の方法にもチャレンジ。

お肌の弱い方には浄(ジョウ/JOE)!

職場で使っている人が居て、絶賛していた善玉バイオの浄(ジョウ/JOE)という洗剤を少しだけ分けてもらい、実際に使ってみました。

浄(ジョウ/JOE)は、善玉菌の働きを促進して悪玉菌を抑制するというバイオ洗剤なんですが、界面活性剤を微量にしか使っていない為、お肌の弱い方や赤ちゃんの肌着にも使える、体と環境に優しい洗剤との事。

調べてみると、部屋干しでも臭わない・洗濯槽まで綺麗になる・汚れから守ってくれる等、沢山の特徴があり、柔軟剤との併用も可能。良いことが沢山有りすぎて紹介しきれないので、浄(ジョウ/JOE)の特徴Q&Aをご覧になって確認してみて下さい。

浄(ジョウ/JOE)を使って、幾つかのパターンで洗濯してみましたが、オキシクリーンの時と同様、お湯に溶かしてしばらく浸け置きしてから洗濯すると、男臭さが気にならない程度まで軽減。ただ、柔軟剤を使っても、仕上がりは若干パリっとする印象です。

個人的な好みはコレ!!

こんな感じで、色んな人から洗剤等を小分けにしてもらい、色々と試してみましたが、今のところ「男臭さ」と洗濯後の「ふんわり感」のバランスが一番良いのは…。

こちら!!
洗濯しても枕やTシャツに残る男臭いニオイを何とかしてみる!

ナノックスとハミングNeoの組み合わせ。ちなみに、ハミングNeoは個人的な好みで、ベビーパウダーの香りを使っています。

効率のいい洗濯方法!!

まずは、朝起きて直ぐに洗濯機の中に洗う物を入れて、洗濯をスタートさせる。洗濯槽に水が溜まってきたらナノックスを入れて、洗濯槽の回転が始まり1~2分経った頃、ナノックスが馴染んだ事を確認して、洗濯機の一時停止ボタンを押して一旦ストップ。

そのまま1時間程放置して、その間に他の家事を片付ける。

他の家事が終わる頃、スタートボタンを押して洗濯を再開する。すすぎの2回めになったら、ハミングNeoを規定量だけ入れて、洗濯槽の回転が始まり1~2分経った頃、ハミングNeoが馴染んだ事を確認して、またまた洗濯機の一時停止ボタンを押して一旦ストップ。

そのまま30分程放置して、その間に御飯を食べてしまう。

御飯を食べ終わる頃、スタートボタンを押して洗濯を再開する。後は、通常通りで、洗濯が終われば干して終了。こんな感じで「浸け置き時間」を取りながら洗濯を終えれば、お湯を準備する手間を省けて、通常通り洗濯した時よりも、多少は男臭さがマシになります。

洗濯しても枕やTシャツに残る男臭いニオイ・まとめ

今回、色々と試してみましたが、一番効果があったのは「温かいお湯」に洗剤を溶かし、しばらく浸け置きしてから洗濯を始める。

自分の場合は帰宅時間が遅いので、お風呂に入ったら洗濯機が回せない時間になってしまい無理なんですが、早めにお風呂に入る・夜干しが気にならない場合なんかには、お風呂に入った後のお湯を使って、浸け置き洗濯するのがベストかと。

また、浄(ジョウ/JOE)に関しては、使用回数を重ねる度に効果も高まってくる。という話も聞きますので、1つ購入してみて、しばらくの間継続して使ってみても良いかも知れません。

今回は、皮脂を中心に考えましたが、生臭いタオルなんかも菌の繁殖や界面活性剤の残りが原因だと思いますので、オキシクリーンや浄(ジョウ/JOE)を使った、お湯の浸け置きが効果を発揮してくれると思います。

次回は、洗濯物シリーズの最後。タイプ別の柔軟剤について書いてみます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※8月21日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!