幼児も楽しめます

西宮で幼児が楽しめるオススメの公園!滑り台が最高!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、西宮にある楽しい公園のお話。

2年程前に、「西宮の長いすべり台!県立甲子園浜海浜公園!!」という記事を書きましたが、それ以降も度々利用させてもらっています。この公園の魅力は、広大な敷地と高低差のある大型のローラースライダー(滑り台)。

街中にある小さな公園だと、車道と隣接している事も多く、ふとした拍子に子供が敷地の外へ飛び出さないか心配になりますが、甲子園浜海浜公園の敷地は広いので、ノビノビと走り回る子供を安心して見ている事が出来ます。

また、全長約33メートルもあるローラースライダーは、子供だけでは無く、大人も楽しめる大型の遊具になっています。

今回は以前書いた記事の補足と追記を含め、公園の魅力を再度紹介してみたいと思います。

大収容の駐車場有り!車でも安心!!

まずは公園までのアクセスですが、甲子園浜海浜公園は海沿いにあるので、今津西線を南下していくと簡単に到着出来ます。国道171号線からであれば、「フォルクス」や「つくねや」さんのある能登町の交差点を南へ。

阪急の踏切、国道2号線、阪神今津駅、43号線、くら寿司の西宮今津店、コーナン今津店を越え、ひたすら真っすぐに進むと、甲子園浜橋の少し手前に駐車場の入口があります。

駐車場の入口
甲子園浜海浜公園の駐車場入口

駐車場の案内版が小さめになっており、街路樹の並びにあるので、若干分かりにくいかと。車だと通り過ぎてしまいそうになりますが、南甲子園浜へ渡る長い直線に差し掛かった所で速度を落とし、駐車場の入口を探してみてください。

駐車場内
県立甲子園浜海浜公園の駐車場

気候の良い季節の土・日・祝日は、周辺に臨時駐車場が設置される程の混雑ぶりですが、駐車場自体の収容台数は94台と多く、平日であれば空いているので安心して出掛ける事が出来ます。

駐車料金は一日最大600円で、入庫してからの1時間が100円。以後は30分毎に100円となっており、営業時間は午前9時~午後5時(7月~9月は午前8時~午後9時)と、季節によって変わります。

遊具の主役は滑り台!!

駐車場から西へ歩くと、子供達が楽しめそうな区画があります。基本的に、砂場と滑り台が遊具の中心になっていて、他に遊ぶのであれば広い芝生を走り回るといった感じ。確かに遊具は少ない印象なんですが、この公園の滑り台はイチオシです!

園内の滑り台
普通の滑り台

写真の手前に写っているのが、通常の公園にあるようなタイプの滑り台。奥にある松林の隙間から見えているのが、大人も楽しめるローラースライダーです。

車をとめた後は、ローラースライダーを目指してしまいがちですが、手前にある滑り台も侮る無かれ。実際に滑ってみると、結構なS字になっており、ジェットコースターに乗った時のようなフワッとした感覚を楽しめます。ローラースライダーの前に試してみて下さい。

ローラースライダーを楽しみ尽くす!

砂場を通り過ぎると見えてくるのが、目的のローラースライダーです。歩いて進むと徐々に全貌が明らかになってきますが、松林の中に設置されているスライダーを見ると、予想以上の高低差に驚かれるかもしれません。

ローラースライダー
ロングスライダー(長い滑り台)

ローラー部分
ローラーになっている滑り台

通常の滑り台とは違い、お尻との接地面がローラーになっているため早く進みますが、何の装備も無い状態で滑ると、とてつもなくお尻が痛くなるという事は学習済み。なので、それ以降は新たなアイテムを導入して楽しんでいます。

ローラースライダーの必需品!
ローラースライダーの必需品

Amazonや楽天で「滑り台 ボード」や「滑り台 ソリ」というワードで検索すると出てくる、お尻の下に敷いて使えるプラスチック製のボードです。

このボードを敷いて滑れば、お尻も痛くなりませんし、滑り心地が滑らかになるので、スピードもアップします。探せば100円ショップでも売られていると思いますし、ネットで買っても数百円程度の物なので、ローラースライダーを滑る際は入手しておく事をオススメします。

ボードを片手に、松林の階段を登って行くと、ローラースライダーの最上部があります。下から見ているとそうでも無いんですが、実際に登ってみると結構な運動量です。子供と遊びに来ると、数往復する事になるので、親の方が先にヘバってしまいそう…。

滑り台の最上部
滑り台の最上部

景色も最高!
景色も最高!

幼児も楽しめます!
幼児も楽しめます

うちの坊っちゃんは、手や足でブレーキを掛けつつ速度を落として滑りますが、それでも十分楽しんでくれます。足ブレーキを使わず、ボードに身を任せて滑ると、思いのほかスピードが出るので、大人でも3往復程度までなら十分楽しめます。

※それ以上は、上まで登る体力が…(汗

西宮でオススメの公園!・まとめ

砂場と芝生の広場、滑り台が2種類というシンプルな構成の公園ですが、ローラースライダーでは夢中になって遊んでくれます。スライダーに慣れるまでは付き添ってあげた方が良いと思いますが、3歳位になれば一緒に滑らなくても大丈夫な感じかと。

滑っている最中よりは、滑り終わりの所が要注意。

足を着くタイミングを誤ると、ガッツリとお尻から着地する事になるので、ローラースライダーが終わる所で待っておいて、スピードが出ているようなら受け止めてあげた方が無難。お子様とママさんが一緒に滑り、パパさんが下で受け止める。こんな連携がベストですね。

※自分は、カメラで動画を撮りながら滑っていた際、モニターに集中し過ぎて、凄い勢いのままお尻から落ちた事が2度程ありますが、スノーボードの尻もち以上で本当に痛いです。

ボードの使用後
使用後の裏面

ローラースライダーには必須のボードも、持って行った方が楽しめますし、衣服への汚れの付着も防げますので、入手される事をオススメしておきます。

滑り台に飽きてしまうと、砂場で遊ぶか芝生を走り回るかしか無いんですが、本当に広いので安心して見ている事ができます。ローラースライダーの奥にはトイレもありますので、お弁当を持っていけば半日は遊べてしまいます。

園内のトイレ
トイレもあります

また、この公園の東隣には海が広がっていて、波打ち際や砂浜でも遊べますし、少し歩いて進めば、カニや鳥を見る事が出来る「ふるさと海岸エリア」にもアクセスが可能。

阪神間には、ローラースライダーを楽しめる公園が幾つかあるようですが、広い敷地で遊べて、自然と触れ合うことが出来る貴重な公園だと思います。

何よりも、のんびり過ごせる雰囲気が良いですね。

公園の裏側になってしまいますが、近くにはララポート甲子園もあるので、お昼から公園で遊んでガッツリと体力を使ってもらい、夕方になったらララポートで買い物と食事を済ませ、家に着いたらお風呂に入ってバタンキュー。というのもアリです(笑

とにもかくにも、ローラースライダーは楽しいですし、近くには海も広がっていて自然と遊ぶ事ができますので、興味があれば一度行ってみて下さい!!

ACCESS:県立甲子園浜海浜公園・(今津浜・浜地区)

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「育児&遊び場」ジャンルには 「145件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※10月19日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!