子供が遊べる六甲山 カンツリー ハウスに行ってきました!!

子供が遊べる六甲山カンツリーハウスに行ってきました!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、六甲山のカンツリーハウスに行ってきたお話。

夏休みの思い出作りとして行った、「愛知県のラグナシア旅行」から帰ってきた翌日、眠い目を擦って連日の疲れを引きずりながら向かったのは、100万ドルの夜景を見られる展望台の近くにある六甲山カンツリーハウス。

六甲山カンツリーハウス編
1.【現在記事】「六甲山カンツリーハウスに行ってきました!!」
2.「流しそうめんを体験してきました!!
3.「真夏の雪まつりで宝探しのコツと必需品!!

六甲山カンツリーハウスでは、様々な子供向けイベントが開催されており、夏休みには「流しそうめん」と「真夏の雪まつり」が行われています。

六甲山カンツリーハウスに到着!!
六甲山カンツリーハウスの駐車場

ドンヨリと雨曇り
六甲山カンツリーハウスに到着!!

往復500kmの旅から戻ったばかりでハードですが、随分前から予約していたイベントを楽しむべく甲山から登ると、展望台が近づくにつれ天気はドンヨリ。今にも降り出しそうな天気を心配しつつ、あっという間に六甲山カンツリーハウスへ到着。

平日でも混雑している六甲山カンツリーハウス!!

坊っちゃんが歩き始めた頃に、馬を見るため二人で六甲山牧場へ遊びに行った事がありましたが、カンツリーハウスに来るのは初めて。夏のイベントが開催されている期間の影響か、次から次へと車が入ってきて駐車場も混雑気味。

一部は満車状態
駐車場には続々と車が入ってきます!!

駐車場の受付
駐車料金を払います

売店でスコップを購入!!
売店でスコップを購入!!

今回の目的は、受付が始まった頃から予約していた「流しそうめん」の体験と、時間になれば無料で自由参加できる雪の中の宝探し。これと言った道具を持たず出発したので、雪を掘るためのスコップを売店にて購入。

遊具フリーパスを購入して遊ぶ!!

チケットを購入して、六甲山カンツリーハウスの中へ入ると、目の前には急な階段があり、次男君を抱えて降りるのに一苦労。一段一段あわてず進みます。※階段の横にはスロープがあるので、ベビーカーの方はそちらを利用。

案内看板
六甲山カンツリーハウスの案内看板

入り口から…
六甲山カンツリーハウスの入り口

急な階段を降りると…
急な階段を降りると…

広場があります!!
広場があります!!

湖にはボートが!!
湖にはボートが!!

階段を降りると、目の前には大きな広場が登場し、その奥にはボートが浮いている湖もありました。天気が良ければ、ロケーションは最高なんでしょうけど。お隣を見ると…。

宝探し会場を発見!!
雪の宝探し会場を発見!!

雪を均して準備中!!
宝探しの準備中

流しそうめん会場も発見!!
六甲山の流しそうめん会場

膝上程度まで雪が積まれたスポットがあり、スタッフさんが宝探しの準備を進めている様子。その奥の斜面には、傾斜を利用して遊べるチュービングスライダーと、竹を組み合わせて作られた流しそうめんの会場がありました。

遊具フリーパスを購入して遊ぶ!!

イベント会場のスタッフさんに尋ねると、雨が降れば中止になる場合もあるとの事でしたが、通り雨がパラっと降っただけ。徐々に晴れ間が見えて、暑いくらいの天気になりました。それぞれのイベントまでは時間があるので、色んな遊具で遊んでみる事に。

お花が綺麗!!
お花が綺麗!!

湖の奥にある遊具受付にて、坊っちゃんのフリーパスを購入。2人乗りの遊具の場合、どちらか1名がパスを装着していれば利用可能になるので、随分お得なフリーパスになっています。※フリーパス対象外の遊具もあります。

コロコロ転がるバブルボールに大興奮!!

フリーパスを購入し、腕にバンドを巻いてもらってから向かったのは、一番近くにあったフリーパスの対象外となっているバブルボールという遊具…(^_^;)

空気を入れた大きなボールに入り、水の上をコロコロ転がるという遊具ですが、立てそうで立てない姿には愛嬌があります。意外と人気があるのか、4~5名の方が並んでいたので、最後尾に入って順番を待ちます。

バブルボールに挑戦!!
バブルボールにチャレンジ!!

入り口から…
入り口から…

潜り込んで…
潜り込んで…

待機!!
待機!!

空気の注入が始まり…
空気の注入が始まり…

徐々に膨らみます
徐々に膨らみます

パンパンに膨らんで…
パンパンに膨らんで…

準備完了!!
準備完了!!

ボールを転がして…
ボールを転がして…

プールへ…
プールへ!!

ボチャン!!
ボチャン!!

ベチャン!!(笑
立ち上がるのは難しい!!

順番が来ると、靴を脱いでボールの中へ入りこみ、冷風を入れて一気に膨らませます。その後は、ボールを密封してから、写真のようにプールへボチャン!!(笑

立ったと思っても…
立ったと思っても…

ドボンっ!!
直ぐにボチャン!!

かなり楽しそう!!
かなり楽しそう!!

写真を撮るのも一苦労
写真を撮ろうと試みるも…

時間がくると回収されて
時間がくると回収されて

空気を抜いて出てきます
空気を抜いて出てきます

ボールの中に居ると立つことは難しいようで、ウェーダーを履いたスタッフさんが取っ手を持って固定し、写真撮影タイムを作って下さいました。

このバブルボールが楽しかったようで、リピートを希望するも時間が無いので移動。バブルボールは、10:00〜16:30までの受付となっており、1回5分間遊ぶ事ができます。※4/23~11/6の土曜・日曜・祝日および8月1日〜8月31日のみ営業。

ペダルボートで小さな船長をアシスト!!

次に向かったのは、バブルボールの隣にある湖のペダルボート。こちらの遊具は、坊っちゃんのフリーパスで親子二人、更には利用料金が掛からない次男君の、計三人で乗ることが出来ました。スタッフさんに手伝ってもらいながら乗り込み…。

出航~!!
ペダルボートにもチャレンジ

小さな船長をサポート!!
小さな船長をサポートします

鯉が並走してきます
鯉が並走してきます

景色を眺めたり
景色を眺めたり

運転を手伝ったり
運転を手伝ったり

子供達が操船し、自分は推進力係に努めましたが、次男君の操船を坊っちゃんがサポートしたりと、珍しくハンドルをめぐる争いが起こらず。

微笑ましい兄弟のチームワークを見守りつつ、必死にペダルを漕いでいたので汗ダグ状態。10分間の有酸素運動(クルーズ)も終了し、ゼーゼー言いながら帰着。イベントの時間が迫ってきたので、流しそうめんの会場へ移動を開始。

定番の鯉の餌やり自販機!!

流しそうめんと宝探しのイベントが終わった後は、フリーパスを使って六甲山カンツリーハウスを満喫すべく、人口スキー場のエリアを目指して移動。※流しそうめんと雪上の宝探しに関しては、長くなるので後日投稿する事にします。

ヤギを眺めたり
ヤギを眺めたり

羊に話しかけたり
羊に話しかけたり

花と湖は絵になります
花と湖は絵になります

イベント会場の近くにいた動物達を眺めつつ、湖のほとりを歩いていると、もはや定番となっている例の自販機を子供達が発見。

鯉の餌自販機!!
鯉の餌やり

鯉が寄ってきます
鯉が寄ってきます

次男君も夢中!!
鯉の餌やりにチャレンジ

坊っちゃんに「鯉の餌が欲しい!!」とアピールしながら、湖に投げ入れる次男君。神戸どうぶつ王国へ遊びに行った辺りから、こういったシーンに怖がる事が無くなり、積極的に餌をあげられるようになったと思います。

ストライダーエンジョイパークを発見!!

鯉の餌やりを終え、大きな坂道を降りると、ゴーカートのあるスキー場エリアに到着。山の天気は変わりやすいと聞きますが、到着した頃の雨雲が嘘のように無くなり、動くのが嫌になりそうな、カンカン照りの夏空が広がっています。

暑いぃ~
夏空が広がります

ストライダーのコースを発見!!
ストライダーのコースを発見!!

受付
ストライダーの受け付け

ストライダーのレンタル
ストライダーのレンタル

ゴーカートで遊んでいる坊っちゃん達の写真を撮っていると、子供用のランニングバイク「ストライダー」のコースを発見。

※参考記事
ストライダーのセーブザチルドレンモデルを買った感想!

我が家の坊っちゃんは、暑い日も寒い日もストライダーに乗るのが大好。六甲山カンツリーハウスでは、「ストライダーエンジョイカップ」が開催されるらしく、期間限定でコースが設置されていました。※この日は見なかった事にしてスルー。

わんぱくスキーにチャレンジ!!

ゴーカートで遊んだ後は、人工芝の上をソリに乗って滑り降りる「わんぱくスキー」で遊ぶ事に。次男君を抱えつつ、「あのリフトが動いていれば」と思いながら、息を切らして人工スキー場の急坂を登って到。

受付に居るスタッフさんに、子供用のソリと軍手を借りて入場。坂道を上ってソリに座り、自分のタイミングで一気に滑り降りてきます!!

受付けでソリを借りて
受け付けでソリを借りて

坂を登ります
坂を登ります

山頂へ到着!
山頂へ到着!

紐を持って滑る準備OK!!
紐を持って滑る準備OK!!

一気に滑ります!!
一気に滑ります!!

気持ち良さそう!!
気持ち良さそう!!

楽しかったみたいです!!
楽しかったみたいです!!

こういったスペースに入って、一人で出来るのか心配していたものの、周りの子供達を見ながら上手に滑れていました。

今までであれば、知らない子供達の中へ入ると物怖じしてしまう事もありましたが、幼稚園の効果なのか、こういったシーンでも周りに合わせて行動できるようになっていました。身体や見た目の大きさは勿論、心の中も成長しているんですね。

また上って…
わんぱくスキーにチャレンジ

一気に滑り降る!!
リピート滑走!!

直ぐに登り始めます
直ぐに登り始めます

かなり滑りました!!
かなり滑りました!!

この遊具が気に入ったのか、滑り終わると即座にリピート。炎天下の中、あの坂道を何度も行ったり来たりで、顔を真赤にしながら終始笑顔。そんな坊っちゃんを見ながら、次男君も一緒に遊びたいアピールをしますが、年齢的にも厳しいので諦めてもらう事に。

どうせ無理ですよ~だ!!
すねる次男君

チッ!!という舌打ちが聞こえそうな不満顔でしたが、汗だくになって出てきた坊っちゃんと合流し、影に入って水分を補給。湖にいる鯉を眺めながら駐車場へ向かって、六甲山カンツリーハウスでの楽しい一時は終了です。

子供が遊べる六甲山カンツリーハウス!まとめ

今回は、予約していた流しそうめんと、雪の中に埋まっている宝探しを目的に、六甲山カンツリーハウスへ行ってきましたが、思っていた以上に様々な遊具が有り、お目当てのイベント以外でも楽しむ事が出来ました。

山頂が近づくにつれ、ドンヨリ曇っていたので心配だった天気も、いつの間にやら晴天へと変わっていたので一安心。

色んな遊具で遊ぶつもりであれば、フリーパスを購入するのが良いように思います。2人乗りの遊具の場合、どちらか1名がパスを装着していれば、もう一名は無料で乗る事が出来るので、ゴーカートやボートに乗るなら随分お得かと。

色んな遊具で楽しめた六甲山カンツリーハウスですが、次回の記事は「流しそうめん」について書いてみたいと思います!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「育児&遊び場」ジャンルには 「143件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※1月18日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!