赤から鍋スープで作る美味しい鍋料理!!

赤から鍋スープで作る美味しい鍋料理!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、手軽で美味しい鍋料理のお話。

現在、我が家ではリピート中の鍋料理があり、過去に記事を書いた「博多華味鳥の水炊き」と並ぶ程の人気ぶり(※夫婦間調べ)。博多華味鳥さんの水炊きは、あっさりしているのにコクがあり、華味鳥やつくねやが美味しい鍋料理のセットでした。

過去記事参照
ホッペが落ちる!博多華味鳥の水炊きセットを食べた感想!!
※お店の方からコメントを頂いたのでビックリでしたが…(^_^;)

今回ご紹介するのは、見た目も味も、水炊きとは対象的な鍋料理。名古屋から発祥の「赤から鍋」です。こちらは、鍋の素が販売されており、スーパー等で手軽に入手が可能。我が家で作る、美味しい赤から鍋について書いてみたいと思います。

イチビキのストレート赤から鍋スープ3番を使用

赤から鍋を初めて食べた時、見た目はキムチ鍋そっくりだったので、少し苦手な感じかと思ったんですが、一口食べると辛さよりも甘みとコクが際立っていて、嫌な辛味は感じず、次から次へと箸が止まらなくなってしまいました。その美味しい鍋の素はコチラ!

イチビキのストレート赤から鍋スープ3番
イチビキ ストレート赤から鍋スープ3番

味噌が配合されているとの事ですが、スープの濃厚なコクを引き出し、鍋全体を上手にまとめています。赤から鍋シリーズには、お子様でも楽しめるマイルドタイプ(1番)もあるようです。※我が家では3番を使っているので、子供は別メニューを作っています。

使用食材は好きな物を準備しています

赤から鍋スープの裏面に、おすすめ具材に関する記載を書いてくれていますが、特に気にする事無く、好きな物や冷蔵庫にある物を適当に選んで使っています。ただ、個人的に外せない食材があり、そのラインナップはこんな感じになっています。

赤から鍋の食材
赤から鍋の使用具材

基本的に、鍋料理に使う食材と変わりませんが、絶対に外せないのは油揚げ。後は、しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉や肩ロース、モヤシとエノキがお気に入りです。ニラは買い忘れてしまう事が多いのですが、野菜類に関しては冷蔵庫の中の物を使えば良いと思います。

お好みで…
お好みで麺も入れます

まるちゃんの鍋用ラーメンも美味しいかと。個人的には細麺タイプが好きなんですが、鍋用なので煮込んでもノビノビにならず、適度にスープを吸ってくれて美味しい麺に早変わり。鍋の季節限定販売との事ですが、通年で販売して欲しい商品です。

野菜と油揚げを準備する

まずは、鍋に使用する野菜を準備します。野菜に関しては先程も書いたように、手元にある食材を適当な大きさにカットすれば完了。手早く作るのであれば、火の通りにくい食材から順に、煮込み始めればオッケーです。

野菜は適当なサイズに切っておく
野菜は適当なサイズに切っておく

次に、重要となってくるのが油揚げ。油揚げを入れて煮る事によって、赤から鍋スープの濃厚な旨味をギュギュっと吸い込んで、一口噛めば「ジュワ~~」っと口の中一杯に美味しさが広がります。下処理としては、余分な油を取り除いて、細く切っておけば完了。

油揚げは適当に細切り
油揚げは適当に細切り

キッチンペーパーで油揚げ挟み、ググっと力を入れてあげれば、不要な油分が吸い出されます。赤から鍋の鍵となる食材なので、この一手間は惜しまないようにして下さい。

豚肉は細かくカット

しゃぶしゃぶ用の薄切りスライスを使っているので、そのまま鍋に入れてもいいんですが、包丁を入れて細かく切っておく事によって、鍋スープが絡みやすくなり、お肉の中までスープを保持してくれます。これも美味しく食べる為の小さな一手間ですね。

豚肉は細かくカット
豚肉は細かくカット

豚バラと肩ロース
豚バラと肩ロース

我が家では、夫婦間の好みの違いによって、豚バラと肩ロースの部位を使っていますが、あっさり食べるなら豚バラ。モチモチっと柔らか食感を楽しむなら肩ロース。といった使い分けで良いのではないでしょうか。

美味しく煮込めば「赤から鍋」の完成です!

食材を準備しながら煮込み始め、最終的にお肉を入れて火が通れば完成です。必要になる作業は、野菜と豚肉のカット、油揚げの油抜きだけなので、準備にかかる時間は5分程度。特に難しい事も無く、手軽で美味しい鍋料理が出来上がります。

赤から鍋スープで煮込むだけ
赤から鍋スープで煮込むだけ

簡単赤から鍋の完成!
簡単赤から鍋の完成!

味が染みて最高に美味しい!
味が染みて最高に美味しい!

準備の段階で、少しだけ手間を加えた豚肉と油揚げですが、コクと旨味が凝縮された赤から鍋スープを取り込んでいるので、一口食べれば迷わず「うまい!」と言ってしまいます。特に、油揚げを食べた時の美味しさは感動モノです。

赤から鍋スープで作る鍋料理・まとめ

キムチ鍋のように薄辛い訳では無く、味噌によるコクや旨味、ほのかな甘味を感じる、濃厚で美味しい赤から鍋ですが、これからの季節にはピッタリ!このブログを読んで下さっているパパ様方、夕食に作ってみれば、奥様から評価が上がるかもしれませんよ!!(笑

食べていて飽きる事は無いんですが、途中で味を変えたくなったら、隠し味にゴマ油を数滴だけ混ぜれば、ゴマの風味が効いた新しい味になります。

隠し味にゴマ油
隠し味にゴマ油

鍋用ラーメンの投入時期は、豚肉を入れて仕上げる前でも良いですし、締めとしてラーメンを入れても良い。個人的には、一緒に煮込むのが好みですが、どちらの場合もズビズバ食べてしまう程の美味しさです。

お鍋を食べ終わった後の締めに関しては、ラーメンよりも、ご飯を入れてリゾット風にリメイクすれば、かなり美味しい締めになります。※卵の黄身だけをトッピングすれば最高です。

今回紹介した、「イチビキのストレート赤から鍋スープ3番」は身近なスーパーで入手できますので、次の休日辺り、赤から鍋にチャレンジされてはいかがでしょうか?!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※5月29日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!