ヘッドライトのくもりは研磨で除去してピッカピカUVコート!!

ヘッドライトのくもりは研磨で除去してピッカピカUVコート!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、曇ったヘッドライトを綺麗にする話。

ここ数年で、休日に洗車をする回数がグンと減って、今では点検へ持って行った際、ついでに洗ってもらう程度。一昔前までは、給油時にスタッフさんとの会話の流れで「洗車でも」となりましたが、最近はセルフのスタンドが殆どで、こういった人間味が減ってきましたね。

汚れに慣れたのか、雨染みが浮いてきても気にならなくなりましたが、しばらく前から気になっていたのが、透明感が全く無くなったヘッドライト部分の曇り。

こんな感じ
ヘッドライトのくもり

大きな方は、プリンカップに近い状態で、少しだけ白っぽく濁った程度ですが…。小さい方は、電球や形状が見えないほど曇ってしまい、見ているだけで古めかしい感じになってしまっています。今回は、この曇りを研磨でピカピカにしたので、参考程度にまとめておきます。

ヘッドライトに曇りが発生する原因

ヘッドライトが曇る原因について調べたところ、ガラス製では無く樹脂で出来たカバーが増え、太陽光の紫外線や、ライトの照射も影響しているとの事。中でも、車体ワックスの成分や、走行中に付着する埃などの異物が混ざり、日光によって定着してしまう説が多くありました。

ヘッドライトの曇り
ヘッドライトの曇

そう言われてみると、ワックスをかける際、ヘッドライト部分までハミ出してしまったりと、ヘッドライトが曇る原因に心当たりが…。

数年前までピカピカだったヘッドライトも、いつの間にやらガッツリと曇ってしまい…。ヘッドライトが曇っていると、ボディーを洗車しても古びた印象となってしまうので、重い腰を上げて、ヘッドライトの輝きを復活させてみる事に。

ウイルソンのヘッドライトクリアという商品

ディーラーのサービスメニューや、ガソリンスタンドのワンコインサービスで、ヘッドライトの研磨があったりしますが、今回は「ウイルソン・ ヘッドライトクリア」という、UVカット成分が配合されているカー用品を使って、自分で磨く事にします。

ヘッドライトクリア
WILLSON [ ウイルソン ] ヘッドライトクリア

セット内容
WILLSON [ ウイルソン ] ヘッドライトクリアのセット内容

同梱されているのは、ヘッドライトクリアの本体と二種類のペーパー(研磨・拭き取り)、研磨時にペーパーを巻き付けるスポンジ。パッケージの説明には、「ヘッドライト本来のクリアな透明感が甦る」とあるので、早速試してみました。

ヘッドライトクリアの使い方

基本的には、車のワックスがけと同じ感覚で、ヘッドライトクリアを塗り込んでから、仕上げ用のペーパーを使って拭き取るといった感じ。擦り用のペーパーをスポンジにセットし、ヘッドライトクリアを取り出し、曇っている部分に塗り込んで拭き取ります。

準備完了
ヘッドライトを磨く準備

ヘッドライトクリアを押し出す
ヘッドライトクリアをペーパーに取り

ヘッドライトクリアを広げて
塗り込むように擦る

塗り込むように擦る
塗りつけて

ヘッドライトクリアは、歯磨き粉と同じような濃度で、簡単に塗り広げる事が出来ます。しばらく研磨を続けていると、ツルツル滑る感覚が無くなり、モッタリと重くなってくるので、セットになている仕上げ用クロスを使って、ヘッドライトクリアを綺麗に拭き取る。

1回目の終了
一部だけ曇りが残っている

ヘッドライトクリアを拭き取ってみると、曇り具合いが軽かった面積の大きなヘッドライトは、スカッと綺麗になってピッカピカの透明感が復活。

一方で、曇りの酷かった小さなヘッドライトは、ピカッと透明感が復活している部分(青色)があるものの、ほんのりと濁っている部分(赤色)もあったので、濁りの残っている部分を中心に、同様の作業を繰り返して、透明感を復活させてみる事に。

ヘッドライトクリアの効果

濁りが残っている部分に、ヘッドライトクリアを塗り込みながら拭き取る事2~3回。時間にすると、5~10分程度磨いていたかと思いますが、仕上げ用のクロスで拭き取ると、他の部分と同様に透明感が復活。そのまま反対側も磨いて、ヘッドライトの曇り除去は終了!!

右側・施工前
ヘッドライトのくもり

右側・施工後
ヘッドライトの透明度が復活

左側・施工前
反対側のヘッドライトも綺麗にする

左側・施工後
ヘッドライトはピッカピカに復活

研磨している間は地味な作業ですが、仕上げ用のクロスで拭き取ると、ツルッツルのピッカピカになるので気持ち良い!!

熱中症になりそうな気温だったので、ガッツリと汗をかいてしまいましたが、これだけ酷く曇ったヘッドライトでも、左右合わせて15~20分程度の時間で済みました。ピッカピカの透明感が復活し、ついでにUVコート処理も行えるので大満足です。

ヘッドライトのくもりは研磨で除去・まとめ

実は、随分前に購入してあったヘッドライトクリアですが、奥様達と待ち合わせをしている、ちょっとした空き時間を利用し、ちゃちゃっと施工してみました。研磨を始めると夢中になってしまい、気がつけば汗だくになっていたものの、透明感が復活したので満足です。

ヘッドライトクリアの価格は、通常版が800円前後、少量タイプのミニなら500円前後なので、ちょっとした出費と手間を掛ければ、簡単作業で車が一気に若返ります。※ヘッドライトクリアは、オートバックスで入手しました。

作業中のペーパー
使用後のペーパー

終盤ではボロボロになってしまいましたが、スポンジに巻きつけているペーパーは2枚入りなので、新しいペーパーと交換して使う事が出来ます。

ヘッドライトの曇り方が酷い部分は、一度磨いただけでは濁りが残った状態で、綺麗になるまで多少の労力が必要でしたが、薄く濁っているような部分は、ヘッドライトクリアを馴染ませるような感覚で、綺麗に復活させる事ができました。

ヘッドライトが曇っていると、古びた印象になってしまうので、ちょっとした空き時間を利用して、透明感の再現に挑戦されてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2016年6月29日 PM 6:36

    お久しぶりです。
    ヘッドライトを磨くものがあったとは知りませんでした。
    これ、ぜひやってみたいと思います。

    • comment-user
      MACO
      2016年6月30日 AM 10:27

      随分前に、オートバックスをウロウロしていて見つけました!
      まぁ、しばらく放置してたんですが…(^_^;)

      うちの車のようなくもり方なら、かなり綺麗にキュキュっとなりますよ~!!

      嬉休日の天気不良が続いてるので、なかなかカヤックで遊べませんか??
      カヤックで浮かんだ記事、楽しみにしていますっ!!(^^ゞ

  2. comment-user
    shuji
    2016年6月29日 PM 11:15

    毎度です~(*^^)
    大人になってからのおたふく風邪で超絶ダウンしておりましたが
    やっと復活してきたshujiです。

    ヘッドライト磨き、僕も同じ製品を2か月に一度くらいの頻度で施工しています。

    一度あの透明感を味わうと病みつきになりますよね笑
    施工後、その上にスマートミストで更に皮膜を作り仕上げています。

    ただ一度施工するとまた曇ってくるペースが早くなってきているように感じるのは気のせいでしょうか?笑

    目が細かいコンパウンドなのでボディの水アカや小傷消しにもたまに使っていますよ~(あまり良くない事ですが・・・)

    ええ、あれから全く釣りに行けておりません。
           全く釣りに行けておりません。
    大事な事なので二回言いました。

    MACOさんのブログを観て釣りに行った気持ちに浸っているので、また是非釣行記を宜しくお願いします笑

    • comment-user
      MACO
      2016年6月30日 AM 10:43

      毎度ですっ!!
      おたふく風邪、小さい頃に済ませておいて良かったぁ~(^_^;)

      車に乗るたび、ヘッドライトのくもりが気になってたので、坊っちゃんがスイミングやってる待ち時間に、思い切ってチャレンジしましたが…。これまたカブりましたね~。※スマートミストも気になっていました(笑

      どんな物かと思い、ググッと磨いてみたところ、仕上げ用で拭きあげている最中に、キュキュっと感触が変わったので「これはイケる!」と思いました!!頑張って擦った後、透明感が復活すると本当に気持ち良いですね~!!6年分の汚れが一気に落ちた感じです!!(笑

      さてさて。釣りの方ですが…。
      二回言われましたね~(^_^;)

      振替休日を利用して鈴鹿サーキットに行って以来、こっちも釣りのタイミングが無くてモヤモヤしていますが、「あれから全く釣りに行けておりません」ですか?!それは、なかなかオフが長いですね~(汗

      雨が降って無ければ、釣りに行きたいと思っていますが…。
      まぁ、釣れませんわぁ~!!(笑

  3. comment-user
    農作業やってる社会人
    2016年6月29日 PM 11:32

    ようやく乗り始めて3年目を迎えたトッポBJですがヘッドライトの曇りが酷すぎてライトを点けても周りが明るくならない。夜は運転に気をつかうので疲れる。さすがに10年近く過ぎた車なのでヘッドライトを磨いてもきれいにならず放置してました。研磨剤入りのを探して試してみます。
    後、エクスセンスのイベントなのですが、実家が花見川区のほうなので何とか行けそうです。
    情報ありがとうございます_(._.)_

    • comment-user
      MACO
      2016年6月30日 AM 10:58

      毎度です!!(^^ゞ

      ヘッドライトの曇り具合いにもよると思いますが、写真のような曇り方であれば、スカッと綺麗になりますよ~!!曇りの濃い部分は、何度か擦らないと透明になりませんが、根気よく繰り返して磨くと、ビックリするほど復活しますよ~!!(^^

      ご実家が花見川区との事なので、イベント会場までは近いんですね~!!

      イベントの概要を見ていると、参加予定インストラクターにコアマンの「泉 裕文」氏も居るんですね。現在使っている岸ジギロッドを作った方ですし、こちらの地元(神戸方面)の方のなので、話す時間があれば、ロッドについて色々と質問されてはいかがでしょうか??

      イベント当日が晴れると良いですね~!!(^^ゞ

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※8月23日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!