炎天下の真っ昼間に短時間釣行!!

炎天下の真っ昼間に短時間釣行!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、釣りに行ってきたお話。

坊っちゃんの幼稚園が夏休みに入ってからは、海釣り公園でサビキ釣りをしに行っただけ。仕事が休みの日は、子供達と一緒に出掛けたり、予定が入っていたり。結局のところ、8月は一度も釣りに行かず終わってしまいました。

近隣の釣果情報では、大好きなサヨリも近づいて来ましたし、発売当初に買ったバックチャターの泳ぎも、そろそろ確認しておきたい。

未だに新品
バックチャター

そう思い始めていた先日、珍しく一人になるタイミングが有り、タイドグラフを確認すると満潮からの下げっぱな。週間天気予報によると、台風の影響から雨予報が続いていたので、久しぶりに海の様子を見に行くかと、重い腰を上げて昼前から出発!!

見渡す限り辺り一面ボラだらけ!!

玄関から外に出ただけで、釣りに行くのをためらう程の蒸し暑さ。この数日は雨が降っていたので、河川に行っても面白いかと思いましたが、とりあえずは現状確認をしておこうという事で、通い慣れたお手軽ポイントへ行ってきました。

すごい数のボラ!!
ボラだけ

釣り場に到着すると、お馴染みの餌師の方を発見し、挨拶をしてから少しだけ世間話。釣果を聞いてみると、エンピツより気持ち大きめのサヨリが数匹釣れる程度との事。ただ、まだまだ水温が高いのか、立ち位置の周辺はボラで埋め尽されている様子。

チビ冷音!!
チビ冷音からスタート

餌師の方に了解を得た後は、少しだけ離れた場所に立ちつつ、チビ冷音からスタートします。海の様子を見ていると、立ち位置の近くで小さなサヨリが跳ねていたり、イナッコらしき群れが回っていたりと、ベイトっ気はありますが…。それにしても、ボラが多すぎる…。

バックチャター(BC-26)にて久々のシーバス!!

チビ冷音を巻いていると、ボラスレで掛けてしまいそうなので、早々にバックチャターへと換装。見える範囲でスイムチェックをしてみると、可愛らしいコミカルな動きで、テンポの早い人形劇を見ているような感じ。そこそこ浅い場所を引いても問題なし。

ある程度のチェックを終えてからは、沖の潮目に向かってフルキャスト。気持ち良く飛んで行くバックチャターを眺めながら、気持ち早めのタダ巻きを繰り返します。

BC-26
コアマンのバックチャター

巻き心地を確認しながら回収していると、潮目付近でグンっと重くなり…。ここ数日の雨で流れて来た木の枝か、ビニール袋でも掛けたかと思い引っ張ると、ジンワリ動いた直後から、一気にドラグが引き出されます。

立ち位置からは遠過ぎるし、ゴミかボラスレだと思ったので合わせも入れてない。これはマズイと思った瞬間、ガバガバっというエラ洗いで一発バラシ…。

バックチャター恐るべし!
バックチャター(BC-26)

一気に出て行くドラグ音と弧を描くロッドを見て、駆け付けて下さった餌師の方も「今のは大きかったですね~」と興奮モード。

感覚からして余裕の70cm後半といった感じでしたが、久しぶりのシーバスをバラしてしまい残念。それにしても、潮目に向かって投げてから、一定速度のタダ巻きだけで、良型を反応させてくれたバックチャター…。これから多投してしまいそうです!!

VJ-16にてキビレかチヌ!!

開始して間もなくのヒットに気を良くするも、日差しが暑すぎて汗がドバドバ出てきます。このバラシを見た直後、餌師の方は一足先に帰られました。シーバスが居るのは分かったし、手っ取り早く勝負を決めようという事で、次に準備したのがVJ-16。

餌と同じです!!
コアマンのVJ

バックチャターと同様フルキャストし、早巻きしてからボトムへ落とすを繰り返し…。すると、数投目でプルプルっといった感触の直後にゴチン!これまた沖目で食ったので、力が伝わるように引っ張ると、水面から飛び出したのは、平たいフォルムのキビレかチヌ。

何とか釣り上げたいところでしたが、力が伝わり過ぎたのか、直後にすっぽ抜けてしまいバラシ…。ボラに当たる感触を中心に、その後も何かしらの反応があるものの…。

アタリの直後に…
アルカリシャッドだけが無くなり

アルカリシャッドだけが無くなり、コアマンワームの予備は持ってきておらず、これにて終了。降り注ぐ暴力的な日差しと、ゼーゼー言う程の暑さにもギブアップ。残っているお茶を一気に飲み干し、昼過ぎには帰ってきました。

炎天下の真っ昼間に短時間釣行!まとめ

一時間程度の釣行でしたが、すごい数のボラが居るものの、複数のベイトを確認できましたし、水が流れているエリアではシーバスを掛ける事が出来ました。ただ、屋外の暑さは異常なままで、昼間の釣りは人間にとって厳しい条件。

下げが進んで、潮位が合うタイミングが本命でしたが、とてもじゃないけど待てる気温では無い。帰宅すると共に、服を脱ぎつつロッドを持ったまま水シャワー。まさに、天国のようで最高でした。昨年は涼しかった記憶があるだけに、今の暑さは辛いですね。

これから、一雨ごとに水温も落ち着いてくるのかも知れませんが、海の中は秋モードの気配も近づき始めたような気がします。

空いた時間があったので、少しだけ釣りに出てみた短時間釣行。バラしてしまったものの、ボチボチと楽しむ事が出来ました。今回の炎天下釣行、熱中症になりそうなほど暑かったので、次回は気温と湿度が下がった深夜に出掛けようかと(笑

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    農作業やってる社会人
    2016年9月10日 PM 1:11

    エクスセンスのベイトとロッドを購入しました~
    会社帰りに海に投げた感想はベイトが驚くほどバックラッシュしない。買ってよかったと思いました。
    話は替わるのですが、千葉県九十九里海岸線は駄目ですね。よく行く釣り場にはボラとクロダイの子供が泳いでいるのは見かけるのですが、ルアーを投げても反応ないです。なので館山の自衛隊堤防に休みにソウダガツオ仕留めに行ってきます(^_^)/

    • comment-user
      MACO
      2016年9月10日 PM 9:18

      ベイトタックルを購入されたんですね~!!

      バックラッシュが起こると、使っているラインによっては釣りが終了してしまうので、結構リスキーな印象もありますが、独特のパワーと手返しの良さは魅力ですよね!!(^^ゞ

      さてさて。
      やはり、まだ水温が高いのか…。そちらでもボラやチヌが多いようですね。

      そろそろ最盛期は終わってしまいますが、せっかくベイトタックルを入手した事ですし、安定した水温とベイトを求めて河川に入ったシーバスを狙う、リバーシーバスなんてのも面白そうです。

      グーグルマップを見ただけで、釣りをした事が無いので詳細は分かりませんが、九十九里近くの夷隅川という河川なんか、山の養分が流れ込みベイトも多そうで興味がわきます。気が向いたら、リバーシーバスで遊んでみるなんていかがでしょうか??(^^ゞ

  2. comment-user
    しんぱく
    2016年9月10日 PM 8:23

    結構行ってるんですが、一か月近くシーバス釣ってません。
    その一か月前もスレですし。
    おまけに、鯉にロッドつぶされたり・・・(汗)
    海も行ってるんですが(青物メインですが)一度ピックアップまで追いかけてきただけでガシラをPBで釣っただけです(泣)
    癒してくれるのはケンサキだけです(笑)

    • comment-user
      MACO
      2016年9月10日 PM 9:22

      神ぱくさんが釣れないのなら、自分が行っても釣れませんわ~!!(^_^;)

      一応、先月も一人になるタイミングはあったものの、大雨で外に出られなかったり。季節的に、場所やタイミングを考慮しないと辛いだろうなぁと思っていたので、無謀なチャレンジはせず、夢中になってゲームしてたりしました(笑

      今回チェックした感じだと、まだまだ時間は掛かりそうですが、ボチボチと秋の気配も近づいてきた感があるので、時間があれば再度チャレンジしてみます~!!(^^ゞ

  3. comment-user
    いっぺい爺さん
    2016年9月12日 AM 9:52

    こんにちは。BCー26は私も9月に入ってからデイで2尾ヒットしました。残念ながら1尾は取り込みに失敗、もう1尾はエラ洗いされ魚は取れませんでした。(^_^;) フラフラとしたシンペンの様な不規則アクションが気に入っています。リトリーブスピードを落としてもアクションするので深いレンジもさぐれます。2尾共ガツンといった当たりではなく、急に重くなる当たりでした。バレやすい気がしたので水深のある所では下に8番のトリプルフックを装着しましたが、やっばりバレました。(下手です。笑)
    VJ16はサーフで使うとキビレのアタックが本当に多く1尾釣るとアルカリシャッドはほぼアウト。コアマンさんの陰謀⁉︎もう少しワームの強度が欲しい。また、 一度いいサイズのシーバスがかかりましたが、浜にずり上げる寸前にスプリットリングが伸びてフックごとお帰りに。以降フックとスプリットリングを換装してます。今年は苦戦が続きますがようやく季節が進み当たりがで始めました。

    • comment-user
      MACO
      2016年9月12日 PM 9:58

      毎度です!!(^^ゞ

      この時に、BC-26を初導入しましたが、急に重くなるアタリは一緒ですね。こちらもバラシてしまったものの、厳しそうな状況下の中、簡単に掛けられた事が驚きです。

      VJ-16に関しては、これまた同じくキビレorチヌをバラしてしまったものの、これからカタクチが入り始めると、大活躍してくれそうな気配がプンプンしますね。

      昨年のサヨリ&カタクチが混在しているパターンの最中、パラガスで無反応なのに、ソフトルアーに掛かるシーバスを数回見たので、同じシチュエーションで試すのが楽しみです!!※自分も、スプリットリングは数回使って交換したりします。

      今週に入った辺りから、朝晩がようやく過ごしやすくなって来たので、ボチボチと釣りに出かけて、早めに後半戦のシーバスを釣りたいと思います!!(笑

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※6月29日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!