BMCタガネを使ったスジ彫り

BMCタガネを使ってガンプラに簡単スジ彫りを追加する!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、ガンプラにスジ彫りを入れていくお話。

前回の記事で、スジ彫りを楽にしてくれるBMCタガネという道具について書きましたが、今回はBMCタガネを使ったスジ彫りについて書いてみたいと思います。

ただ、前回も書いたように、既存のモールドを彫り直すのは簡単なんですが、新たに彫る場合はデザインのセンスが必要。自分にはそのセンスが全くないので、簡単な事しか掛けませんが、ご了承下さいませ。

BMCタガネの使い方

まず最初にBMCタガネの使い方ですが、角度がついている面を上に向け、平らになっている面を利用して彫っていきます。ただ、彫ると言っても彫刻刀のように押して彫るのでは無く、自分の方(手前)へ向けて、軽く引くだけでオッケーです。

平らにな面が下
BMCタガネを使ったスジ彫り

使い方の参考動画

彫る部分に対して、ガツっと力を入れるのでは無く、他のスジ彫りツールと同様、最初は軽く跡が残る程度の弱い力で、線を描くようにしながらアタリを付けます。ある程度のアタリが付き、ブレる事が無くなれば、カンナを削るようなイメージで引き、スジ彫りを進めていきます。

直線を追加する場合

直線のモールドを追加する時に便利なのが「ガイドテープ」と呼ばれるアイテム。テプラ用のシールを利用する方も多いと思いますが、自分はスジボリ用ガイドテープの、横幅が3mmタイプを使っています。

ガイドテープ
スジ彫り用ガイドテープ

直線を引きたい部分に貼り付けて使うのは勿論なんですが、このガイドテープの横幅は3mmなので、テープの幅自体を活用して、パーツの端に合わせて貼れば、キッチリと3mm間隔のラインを引くことが出来ます。MGのバランスに最適かと。例えば、青色の胸パーツですが…

スジ彫り前
スジ彫りを追加

スジ彫り後
BMCタガネを使ったスジ彫り

ガイドテープをパーツの端に合わせて貼り、BMCタガネでカリカリ彫っただけですが、簡単に3mm幅のラインが引けてしまいます。後は、エバーグリーンの角棒プラ材なんかを細かく切って接着してあげれば、それなりにディテールアップが出来ると思います。

新たに凸凹モールドを追加する場合

これは、全体のバランスを見ながら入れていかないと、チグハグな感じになってしまう事が多いのですが、他の方が作っている作例を見て、雰囲気をつかむと良いかもしれません。自分は、ガッツリとデザイン出来ないので、テンプレートを作って簡単作業で終わりにしています。

パソコンで作成
スジ彫り用テンプレート

透明フィルムを切り抜く
スジ彫り用テンプレート

パソコンでテンプレートとなる形のベースを作成し、それに合わせて薄いプラ板やフィルムを切り抜く。で、凸凹モールドを彫りたい部分に両面テープで貼り付けて、BMCタガネでカリカリ彫るといった感じです。

直線から凹んでいる四隅に、けがき針で軽く点を打っておくと、アタリを付けている最中に、BMCタガネが「カチ」っと止まるので、シャープな凸凹を作る事が出来ます。

自分の場合はプラ板では無く、ラミネート加工の際に使用するフィルムを切り抜いて、テンプレートとしてツールボックスに入れてあります。深さや長さが異なる数パターンのテンプレートを用意しておけば、各パーツに合わせて選ぶ事ができます。

アクセントも追加できます

BMCタガネは様々な太さの物が販売されていますので、ちょっとしたアクセントも簡単に入れる事が出来ます。例えば、ガイドテープを貼って、彫る長さを決める。後は、ガイドテープの両サイド彫っていくと…。

こんな感じで
BMCタガネを使ったスジ彫り

良く見かける大きな凹みも作れてしまいます。今回は、BMCタガネの0.8mm1.2mmを使いましが、簡単な作業でちょっとしたディテールを追加出来るのは楽しいですね。

BMCタガネで簡単スジ彫り・まとめ

使い始めた頃は、アタリを付けている最中にシュっとズレてしまい、紙ヤスリで補正する事がちょくちょくありましたが、慣れてくると既存モールドは、なぞりながら簡単に整える事が出来るようになりました。

まぁ、未だに気を抜いてカリカリやっていると、ふとした時にズレてしまい、「イーっ!!」となる事はありますが…(汗

彫る事自体は自然と出来るようになりますので、後はデザインセンスを磨きたいところです。

それにしても、ネットで検索していると、本当に凄いスジ彫りを追加されている方がいらっしゃいますよね。思わず見とれてしまいます。達人になると、下書きをちゃちゃっと済ませて、フリーハンドでサクッと彫れるらしいですが…。

生きているうちに、その領域までは到達出来ません!!(^_^;)

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2015年2月24日 PM 11:07

    こんばんは。
    またお邪魔します。

    私はクレオスのラインチゼルを使ってます。
    替刃を増やせば、BMCタガネより安価に、彫れる太さを増やせますので。

    結構しっかり彫れますので、調子に乗っていると切り抜いてしまう勢いです。

    ラインチゼルは円形は少し苦手なので、良く使うサイズは、円形もケガキやすいらしい
    BMCタガネが欲しいな、と思います。

    • comment-user
      MACO
      2015年2月25日 AM 12:33

      コメントありがとうございます!
      遠慮せず、ガンガン絡んで下さい~!(笑

      ラインチゼルも使ってみようかと思っていたんですが、イメージとしてはPカッターっぽい感じがあったので、BMCタガネに落ち着いています。

      確かに、ラインチゼルだとカーブ部分で、溝の太さが安定しにくいかも。でも、BMCタガネ使っても、カーブ部分は気を使いますよ~!!

      まぁ、徐々に彫れるんで、扱いやすいのがBMCタガネの良いところですが。

      皆の衆が就寝したんで、ちょうど今ファンネル部分の組み立てに取り掛かりましたが、ちょっとした無限ループで嫌になりそうです!!(笑

      今のところ、Nガンダムの組み立てが7~8割り終わってますが、確かにデカールを貼ると良い感じになりそうですね~!頑張らないと!f(^^;

      後は、足と背中のバーニア部分に、メタルパーツを使いたくなったので、順番が無茶苦茶ですが、これから穴あけようと思ってます!(笑

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※12月19日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!