今更ながらガンダムビルドファイターズトライを見た感想

今更ながらガンダムビルドファイターズトライを見た感想

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、ガンダムビルドファイターズトライのお話。

少し前に「今更ながらガンダムビルドファイターズが面白かった」という記事を書きましたが、その続編として作られている「トライ」も気になっていたところ、アニマックスの夏休み特集で1話から放送されていたので、毎日録画で全話を見てみました。

良くも悪くも、色々と思う部分が多い内容でした。今回は、ビルドファイターズトライの紹介と、実際に見てみた感想なんかを書いてみたいと思います。

ガンダムビルドファイターズトライとは

ビルドファイターズトライは、セイとレイジが優勝してから7年後という世界設定で、セイが通っていた聖鳳学園から物語が始まります。ガンプラバトルの大会には中高生の部があり、三人一組のチーム戦になっています。

聖鳳学園では、ガンプラの出来栄えと加工技術を重視するプラモデル部に人気が集まり、ガンプラバトル部の部員は「ホシノ フミナ」一人しかおらず、ガンプラバトルも出来ないうえ、人数不足で大会にも参加出来ない同部は廃部の危機に。

そんな時、次元覇王流拳法の使い手「カミキ セカイ」が転校してくる事になり、素人ながらも高いポテンシャルを発揮してガンプラバトル部へと入部。

ガンプラの出来栄えを競う「ガンプラビルダーズコンテスト(名人杯)」の優勝経験もある「コウサカ ユウマ」も入部した事によって、聖鳳学園のガンプラバトル部は大会出場規定を満たす三人となり、チーム「トライファイターズ」が結成される。

ガンプラの事を全く知らないセカイを他の二人がフォローしつつ、何とか地区予選を突破して全国大会へと出場する…。

トライの面白かった要素

前項でも書いたように、「ビルドファイターズ」から7年後が舞台になっているのですが、大会のルールや規定も変更があったり、前作と同様に「見ていて面白い」と思える部分もありました。個人的なおすすめポイントは、下記のような感じになっています。

ラルさんがバトル部の顧問
ビルドファイターズでも登場した、ランバラルに似ているキャラクター「ラルさん」が、聖鳳学園ガンプラバトル部の顧問(特別コーチ)となって登場します。登場機会も多く、最終話では「ドムR35」を使用し、名人カワグチと一瞬だけバトルを展開。

前作の家族が登場
過去のガンプラバトルで心を砕かれ、ガンプラバトルから離れていたユウマですが、前作でセイと良い雰囲気になっていたコウサカ チナの弟君でした。他にも、ギャン使い「サザキ」の妹が登場したりと、前作を見ていれば楽しめる仕掛けも有り。

三代目・名人カワグチ
前作で三代目名人となったユウキ タツヤが、今回も引き続き登場。最終話ではバトルに乱入したり、自信を無くしたユウマを連れ出しガンプラバトルの楽しさを教えたりと、相変わらずのガンプラ好きっぷりを披露。

スガ アキラのキャラクター
前年の西東京地区予選優勝校チームに転校してきたスガ アキラ。名前も似ているんですが、発言や性格もスレッガーさんとそっくり。「迅速のスレッガー」の異名を持っていて、あの名言も呟いてみたり。個人的には好きになったキャラでした。

大きくなったルーカス・ネメシス
前作の終盤、しがらみを断ち切ったアイラから「自分でやれ!」と怒られた少年が大きくなって再登場。3年連続でヨーロッパ・ジュニア・チャンピオンになる凄腕だが、帯同スタッフに「仕事しているフリをして観光でもしてきて」と言える優しい青年になっていました。

個人的に面白かった部分はこんな感じですが、やはり前作のキャラクターが絡んでくるシーンは楽しいですね。地区大会の決勝(だったかな?)では、ガンダムシリーズに出ている女性陣が、観客の中に沢山紛れ込んでいたりと、探す楽しさもありました。

トライの残念だった要素

一方で、残念だった要素も幾つかありますが、その中でも気になったのが、前作からの続きやその後が描かれて居ない事。物語のディテールのあまさや、基本的にガンプラバトルがガチンコの殴り合い、Gガンダム路線となってしまった事。

赤い髪の容姿をしたセカイですが、その見た目からレイジと関係があるのかと思いきや、全くの無関係で、謎の拳法「次元覇王流」の師匠はドモン風。一番気になっている「レイジ」や「アイラ」のその後については、特に語られる事も無く…。

更には、バトルの最中にビルドバーニングを壊してしまうものの、次話では綺麗に修理されている。まぁ、ユウマが直したんでしょうけど…。ビルドバーニングが壊れた時、「いよいよ次回はセイの登場か?!」と期待してたんですが…。

後は、登場する機体もオリジナルが増え、中でも一番厳しかったのはダブルゼータをベースに作り上げられたという、こちらの機体。

ガンダムトライオン3
ガンダムトライオン3 Copyright創通・サンライズ・テレビ東京
出典『©創通・サンライズ・テレビ東京

劇中で見ると、ライジンオーとガオガイガーを足して割ったようにしか見えません…。合体パーツが「リクトライオン」「ウミトライオン」「ソラトライオン」。しかも、アームドブースターと称してロケットパンチの如く腕が飛んでいきます…。

フミナ先輩のスターウイニングガンダムが繰り出す「ウイニングビーム」は、ウィングマンのファイナルビームにしか見えませんでしたし…(汗

前作は、ガンプラを改修してバトルに活かす工夫が面白かったんですが、今回は気合いと想いで殴り合えば凄い現象が起きて、試合も何とか勝ててしまう雰囲気なのが残念。

ビルドファイターズトライの感想・まとめ

セカイとウィルフリッドとの純真な戦いがあるものの、恨みや妬みがベースになっている戦いの印象が強く、負の香りが残ってしまう点も少し残念ですが、前作のキャラクターも出し惜しみせず登場させて欲しかったというのが正直な印象です。

ガンプラ心形流の名前が出て来たのであれば、サカイ ミナトの暴言や暴走をマオがたしなめる。みたいなシーンがあっても良かったかなぁとは思います。

とは言っても、Zベースになっている機体のビームライフル音がきっちりと再現されていたり、百式のメガ・バズーカ・ランチャーに似た物が登場したりと、グリプス戦役好きの自分としては、楽しめる部分も多々ありました。

前作の風味を極力抑えて、新しい味を創りだそうとすれば、トライのような内容になってしまうのかもしれませんね。個人的にはレイジ達の話も盛り込んで欲しかった…。

ガンダムSEED DESTINYも、キラやアスランが再登場しなければ目も当てられない感じになっていたと思いますし、ラミアス艦長やバルトフェルドさんが出てきた時にはワクワクしました。

最初の作品を見て、続編も見たいと思う人の心理としては、同じタイトルの別番組を見たい訳では無く、前作のキャラクター達がどうなっているのか、どうやって絡んでくるのか。という部分の方が楽しみなんだと思います。

※と言いつつ、坊っちゃんと遊ぶ用にスターウイニングガンダムを買ってしまいましたが…(笑

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「470件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※1月24日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!