釣り業界に「あったら良いなぁ~」と思う事

釣り業界に「あったら良いなぁ~」と思う事

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、釣りに関する雑記です。

最近は頭を使った記事を書き過ぎたので、息抜きがてらに「あったら良いなぁ~」と思う釣り関連の事について書いてみたいと思います。

あくまでもお遊び的な妄想記事なので、コストや手間の面で実現不可能な事ばかりですが、お茶漬け感覚でサラサラ~っと書いてみますので、適当に読み飛ばしてやって下さいませ…(^_^;)

それでは、妄想タイムの始まりです(笑

釣具のレンタルサービス

現在でもレンタルを行っているショップはありますが、釣りに使う為のレンタルでは無く、実際に試して使う事が出来る、車の試乗みたいなサービス。

それなりの物を欲すると、結構な値段になってくる釣具たち。

高価な物を候補にすると、商品カタログやメーカーサイト、レビューなんかを穴が開く程チェックして買う事になりますが、購入して使ってみると「思っていたのと違う」なんていうのは良くある話し。こうなると、メーカーの印象も悪くなってしまいますよね。

なもんで、道具を選ぶ際に、安価で試投できるプチレンタルサービスがあると便利。※無料であれば最高に釣れしい!(笑

各メーカーさんで「試投会」も開催されているようですが、日程や場所も決まっていて、あくまでもメーカー側にボールがあります。興味があっても都合が合わない方が殆どでしょうし、実際に使用を予定している場所で投げてこそ、気が付く事もあるように思います。

シーバス雑誌を読んでいて、気になるアイテムがあれば、レンタルビデオ感覚で気軽に借りて、実際に試す事が出来る。いつも行ってる釣具屋さんに、レンタル試投コーナーがあれば、色々と興味をそそられませんか??(笑

こんなシステムが充実すれば、購入者も納得した上で買う事が出来ますし、「買って失敗した!」という気持ちも減るので、メーカー側の印象も良くなる。きっと、ウィン・ウィンな感じになるハズです(笑

ちびっこ釣具の充実

今回、坊っちゃんを釣りに連れて行く為に色々と調べてみましたが、ちびっこ用道具の選択肢の少なさにビックリ。フローティングベストを探してみても、大人のラインナップと比較すると、選択肢は無いに等しい印象。

実際に子育てをしていると、ベビーカーや育児グッズ、ショッピングモールや病院等、色んな業界は子供と共存できるよう進化しているのに、釣り関連は昭和のままなイメージ。

確かに、釣り場にチビッコが居れば色々と問題が起きそうですが、サッカー等のスポーツと同じで、現役となっている下の世代を育てないと、その先は無くなってしまう。ロッドやリール等の道具は二の次にしても、安全を守る為の道具は充実していても良いように思います。

まぁ、成長速度が早いだけに、道具の買い直し頻度が高くなるので、各商品3千円から5千円程度の値段設定であれば、パパの財布にも優しい感じなんですが…(笑

坊っちゃんを釣りデビューさせた時に思いましたが、やはり子供と出掛ける釣りの時間は特別で、釣果よりも一緒に過ごせる事が大切。振り出し竿にオモチャリールをつけてサビキでも…。という時代から、一歩進んでくれればなぁと思ったりします。

釣った魚の下処理コーナー

釣った魚を食べるのは楽しみですが、食べられるようにするまでは時間が掛かる。サビキでアジなんかが大量になると、結構な作業量になってきます。更には、ウロコを飛ばして汚せば、普段台所管理されている奥様方からクレームが入るのは必至。

スーパーの鮮魚売り場に行けば、500円前後で捌いてくれるところもありますが、そんなコーナーが釣具屋さんの中にあれば素敵だと思いませんか?しかも、無料で!!(笑

例えば、釣行が終わって釣った魚を釣具屋さんへ持ち込む。その魚を捌いてもらっている間に、店内にて次の釣行に必要な物を補充する。綺麗に捌かれたお魚を持ち帰えれば家族からも喜ばれ、次の釣りにも出掛けやすくなる。

釣り人、釣具屋さん、ご家族。皆が喜ぶ「ウィン・ウィン・ウィン」な感じになるハズです(笑

釣り業界に「あったら良いなぁ~」・まとめ

普段頭の中にあるような事を、本当にお茶漬け感覚でサラサラ~っと書いてしまいましたが、こういう妄想記事も、たまには良いですかね(笑

コストや手間を考えれば、どの項目も実現不可能と分かって書いてみましたが、今までのように「作った・売った」だけだと、残って行くのは厳しい時代になってきていると思います。上から物を落とすだけでは無く、どうすれば夢中になってもらえるのか、使う人にとって何が便利なのか。

良い物を作るのは勿論なんですが、その前の「心」の部分に力を入れないと、物が売れないような気がします。特に、「釣り」のジャンルは、パッと思いついて気軽に試すには費用が掛かりますし、分からない事が多いのも事実…。

携帯ショップやコンビニ並にとは言いませんが、空いた時間に気軽に行けて、気になる道具のレンタルやタックルのメンテナンスがその場で出来たり。釣りの質問や話が出来る、釣具メーカーのショールームみたいなのが近くにあれば、今よりも楽しくなりそうだと思いませんか?

感度や飛距離といった「釣る為の追求」も良いんですが、道具以外の根本的な部分を見直さないと…。良い物を作ったとしても、それを使ってくれる人が居なくなってしまうような気がします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※9月27日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!