オススメのシーバスルアー「X-80SW Shallow」のインプレと使い方!

オススメのシーバスルアー「X-80SW Shallow」のインプレと使い方!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、メガバスのルアーについて。

足元の護岸沿いや石畳・障害物周り等の際を引けば、シーバスが釣れる可能性の高い定番ルアー、メガバスのX-80SWシリーズですが、水深1メートルよりも浅い釣り場でも使えるシャローモデル、「X-80SW Shallow」のスイムチェックを行ってみました。

X-80SW Shallow
X-80SW Shallow

実際に使ってみると、X-80SWとの違いが分かる部分もありますが、個人的には使いやすい印象で、追加購入するほど気に入りました。今回は、メジャールアー「X-80SW」のシャローモデル、「X-80SW Shallow」について書いてみたいと思います。

Megabass(メガバス)のX-80SW Shallowとは?!

ルアーサイズが80.5mm・重量が11gと、従来のX-80SWと変わらない仕様になっていますが、潜行レンジが1メートル程度となっているので、X-80SWでは潜り過ぎていたようなスポットでも、同じようなアクションでルアーを通す事が可能になります。

メガバスX-80SW Shallow
メガバスX-80SW Shallow

パッケージ
X-80SWのシャローモデル

1m以浅のレンジを攻略できるシャローモデル。

港湾シーバスシーンの最前線において、永きにわたり釣果を出し続けているX-80シリーズ。その圧倒的ポテンシャルを、1mまでのシャローレンジでも体感できるのがハチマル・シャローです。

独特のハンプバック・フォルムが生み出す卓越したローリングアクションと脱軌道アクションはそのままに、レンジのみをシャローに調整。

オリジナル同様に、「前方:低重心高比重ウエイト+後方:超高比重タングステンウエイト」のセッティングによって、80mmのミノーとは思えないスーパーロングディスタンスキャストを可能としています。

また、フィーディングのストライクレンジをロングトレース出来るよう、浮きすぎず沈みすぎないスローシンキングにセッティングしています。

引用元 :『Megabass / X-80SW Shallow

X-80SWとシャローモデルの違いについて

両モデル共に似たようなフォルムとなっているので、パッと見た感じでは違いが分かりにくいものの、よく見てみるとリップの形状が違っています。シャローモデルには、X-80SWのリップにあった凹みが無く、一回りシャープになっている印象を受けます。

リップの凹みが無い
X-80SW Shallowはリップの凹みが無い

上面から
X-80SW Shallow上面

お馴染みの凹みが無く、リップの形状が平面になった事によって、水を受け流す効果がはたらき、一段浅いレンジを引けるようになったと思われます。ウェイトの配置等も同じような仕様になっているので、唯一の違いがリップの形状になるかと。

X-80SW Shallowのインプレと使い方

シャローモデルを釣り場に持ち込み、実際に何度か使ってみたところ、ルアーアクション自体はX-80SWの特徴と同じイメージですが、引き抵抗はレスポンスといった使用感については、シャローモデルの方が扱いやすい印象。

特に、アクションを入れた直後の制動感や、一瞬だけフワッと漂う沈み過ぎない感覚は抜群で、直後の動き出しに掛かる期待は相当なもの。

スイムチェック
X-80SW Shallowを使った感想

使い方としてはX-80SWと同様、足元の護岸沿いや石畳・障害物周り等の際といった、シーバスが着いていそうな場所を通すのが最適なのかも知れませんが、艶めかしいルアーアクションを活かして、動かしながらリアクションで反応させる方が面白いかと。

例えば、ルアーの泳ぎが手元に伝わる程度の強さで巻いて、シーバスが潜んで居そうな場所や、流れの変化に差し掛かった辺りで手早くアクションを入れる。そう言ったイメージで、ゲーム性の高い釣りが楽しめそうなルアーになっているように思います。

X-80SW Shallow・まとめ

今回は、X-80SWのシャローモデル「X-80SW Shallow」について書いてみましたが、X-80SWよりも浅いレンジを引けるだけでは無く、全体的な扱いやすさが向上しているように思います。特に、アクションを入れた直後の間が秀逸。

※引用前に貼り付けた「X-80SW Shallow バイトシーン映像」動画の15~20秒辺りに映っている、ホワイトチャート系カラーのトゥイッチを見れば分かりやすいかと。

追加購入!!
X-80SW Shallowを追加購入

実際に使ってみると、シーバスからのバイトが出そうなワクワク感があったので、別カラーを追加で購入しておきました。

最近では、「ドリフト」や「U字」といった「巻かない・置いて流す」釣りが重視される傾向にありますが、こういったルアーを使ってブリブリと動かし、コチラ側からリアクションさせるのも、シーバス釣りの醍醐味だと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※6月26日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!