フックやスプリットリングの交換に使える道具

フックやスプリットリングの交換に使える道具

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、スプリットリングを開く道具のお話。

釣りをしている最中にフックが曲がってしまった場合、スペアで持ち込んであるルアーか、代わりになるルアーを使うので、スプリットリングを開いて交換する事は滅多にありませんが、自宅ではボチボチながら登場回数の多い道具。

自宅でのメンテナンス用に使っている、プライヤーが使いにくくなってきたので、ピンセットタイプの物を購入してみました。

SMITH(スミス)スプリットリング ピンセットを購入

今回買ったのは、「SMITH(スミス)スプリットリング ピンセット」という道具で、プライヤーでは無く、ピンセットタイプになっている物を選択。使えるスプリットリングは、0~3番までの対応になっているとの事。

スミス スプリットリングピンセット
スミス スプリットリングピンセット

ピンセットタイプ
スミス スプリットリングピンセット

お値段は「500円~600円程度のショップ」が多いようで、この価格なら失敗しても痛くないかと思い、ルアーを買うついでに入手しておきました。到着後に開封し、実際に手にとってみると、小さな爪切りと同じような印象です。

スプリットリングピンセットを使ってみました!

手元にあったルアーで試してみると、先端の山はシャープな感じで、スプリットリングの間にきっちりと入っていきます。接点までの距離が近いので、指の延長にある感覚で開閉する事が出来て、力も入れやすい形状になっています。

シャープな先端
シャープな先端

フック交換
スプリットリング・フック交換

爪切りのようにグッと力を入れると、簡単にリングを開く事が出来ますが、力を緩めると閉じてしまう事も。ただ、フックやリングの交換時には、常に力が掛かっているので、作業に支障は出ないレベルだと思います。

フックやリングの交換に使える道具・まとめ

しっかりとした山が有り、手元と接点までの距離が近いので、プライヤーを使った交換よりも作業がしやすいように感じました。完全に個人的な意見として、使用中に気になったのは、スプリットリングに差し込んだ際の金属が擦れる感触。

自分の場合、金属同士が擦れる音や感触が苦手で、プライヤーを使ったフック交換も鳥肌を立てながら行っていますが、このピンセットでリングを開くと、ギュギュギュっと金属の感触が、明確に伝わってきます。

リングを開いただけで、ゾワゾワっと鳥肌が…。

この感触だけは馴染む事が出来ないので、自宅用に購入したものの、釣りバッグの中にこっそり入れておく事にします…(^_^;)

自分と同じように、金属の擦れる感触が苦手な方にはお勧め出来ませんが、スプリットリングを開くツールとしては、小さな爪切り感覚で使えて、長さのあるプライヤーよりも使いやすいように思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「736件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※12月19日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!