Fire TV Stickの感想と使い方・YouTubeの設定!

Fire TV Stick音声認識のレビューとYouTubeの設定!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、自宅のテレビでWEB動画を見られるアイテムのお話。

少し前に、Amazonのプライム会員は、動画が見放題になるという記事を書きましたが、その際にテレビでも見る事ができるように、Fire TV StickというUSBメモリーに似たアイテムを購入しておきました。

※過去記事
Amazonプライム会員は動画見放題!プライムビデオの使い方!!

Fire TV Stick到着
Fire TV Stick到着

少しだけ納期が遅れたようですが、手元に届いた日の深夜にゴソゴソと作業を済ませ、実際に視聴してみると、思った以上に快適でビックリ。ケーブルテレビよりも綺麗と思える程の映りで、お気に入りのアイテムになりました。

YouTubeとのリンクに少しだけ戸惑いましたが、アカウントの設定も無事に完了。今回は、Fire TV Stickの設定や感想を書いてみたいと思います。

FireTV Stickの設置は簡単!!

Fire TVには、「スティック型」と「ボックス型」といった2種類のタイプがあり、ボックス型は4Kに対応していたり、ドルビーデジタルプラス搭載らしいのですが、テレビが対応していないのでスティック型を購入。3歳児でも使えるように、音声認識タイプを選択しました。

Fire TV Stick開封
Fire TV Stick開封

説明書
Fire TV Stick説明書

箱の中には、FireTV Stick関連の付属品とペライチの説明書。特に難しい事は無さそうなので、説明書に書いてある手順で作業を開始。付属部品のアダプターを、FireTV Stickの側面にある差込口に接続し、テレビ側のHDMI端子に入れるだけ。

こんな感じ
アダプターを接続

HDMI端子へ接続
HDMI端子へ接続

付属品の中に、HDMI延長用のジョイントが入っていたのが不思議でしたが、FireTV StickとD端子が見事に干渉したので納得。HDMI入力周辺に、他の端子がある場合は、クリアランス不足になる可能性が高いので、延長コードが必要になりそうですね。

とりあえずの応急処置として、使用頻度の低いゲーム機のD端子を外し、FireTV Stickを接続しておきました。

リモコンを認識させます!

テレビとFireTV Stickの接続が終われば、アダプターをコンセントに差し込み、付属している電池をリモコンにセット。後は、リモコンのホームボタンを10秒ほど長押しすれば、言語選択の画面に切り替わります。

リモコンを検出中
リモコンを検出中

ホームボタンを長押し
ホームボタンを長押し

言語を選択
言語選択

この項目も難しい作業はありませんでしたが、強いて挙げるとすれば、リモコンの電池を入れる部分がスライドしにくい程度かと。リモコンの検出に関しても、FireTV Stickに近い場所で長押しすれば、きっちりと認識してくれました。

Wi-Fiの設定を行います!

リモコンが認識されれば、次はWi-Fi経由でインターネットの設定。この項目も難しい事は無く、スマホやゲーム機と同じように、画面の指示に従いWi-Fi環境をセットすれば良いだけ。接続が確立されれば、「接続完了」の文字が表示されます。

Wi-Fi設定中
wi-fi設定中

接続完了
接続完了

解説動画がスタート
解説動画がスタート

ネットワークの設定が終わると、FireTV StickやAmazonプライムビデオのスタートガイド動画が始まります。この動画は後からでも見れるようですが、表示されている画面が、予想以上に綺麗だったので驚きました。

機能制限の設定を済ませておきました!!

YouTubeもテレビで見られるので、「ヒカキン」「セイキン」といったユーチューバーさんが大好きな、坊っちゃんの為に購入したFireTV Stickなので、プライムビデオに関しても、予め機能制限の設定を行っておきます。

機能制限の設定
設定

年齢設定など
年齢設定

設定したのは、「成人向けコンテンツ」の年齢制限と、「商品購入」に関する項目。知らない間にビデオを購入されても困るので、商品購入時にはPINコードの入力が必要になるよう、設定を済ませておきました。

動画のラインナップを確認!

ホーム画面を見たい場合、リモコンのホームボタンを押すと、ワンプッシュで簡単に表示されます。最近は、プライムビデオを見ていなかったので、どんな動画が増えているのかを、一覧の中からチェックしてみました。

ホーム画面
ホーム画面

吹き替え版も
バック・トゥ・ザ・フューチャーも

リストの中にはバック・トゥ・ザ・フューチャーの吹き替え版もあり、コンテンツは徐々に増えてきている印象。ただ、海外ドラマは相変わらず字幕版が主体なので、吹き替え版も導入して欲しいところではありますが…。

実際に視聴してみました!!

コンテンツを探す際、横ボタンを長押しするとスクロールしますが、見ていると酔いそうなので、文字入力で「しまじろう」を検索してみました。すると、プライムビデオの記事でも、サンプルとして使った映画があったので、試しに再生。

しまじろうの映画を選択
しまじろうの映画を選択

無事に観れました!
無事に観れました!

ネットワークを利用する動画なので、途中で止まったり、ブロックノイズが酷かったりするのでは?と思っていましたが、予想に反して驚くほど綺麗に映っていました。これだけの画質で見られるのであれば、色んなコンテンツを見たくなります。

FireTV StickとYouTubeの設定と同期!!

面倒な事は最初に済ませておこうと思い、FireTV StickとYouTubeの同期設定にもチャレンジ。まずは、メニューバーの中から「アプリ」を選択し、「無料アプリベストセラー」の項目から、YouTubeを入手します。

アプリ画面

赤背景色に白文字のイメージがあるYouTubeですが、画面下に見えている青色の部分がアプリボタンになっていました。YouTubeをアクティブ化した後は、サイドバーのナビゲーションメニュー上部にある「ログイン」を選択。

すると、下記のような画面に切り替わるので、スマホから「youtube.com/activate」へアクセスし、画面に表示されていたコードを、スマホの「端末の接続」画面にて入力してあげます。

YouTubeの設定
YouTubeの設定

コードを入力
コードを入力

これで同期の作業は完了。YouTubeを開けば、視聴履歴やおすすめ動画など、アカウント情報が引き継がれて表示されていました。今まで見ていた動画の情報を、一括して引っ張ってこれるので、こういった機能は便利ですね。

Fire TV StickとYouTubeの設定!まとめ

ネットワークを利用して、テレビで動画を見るのは初めてでしたが、映れば良い程度の映像だろうと思っていたものの、細部まで綺麗に見れたので驚きました。冒頭で書いたように、ケーブルテレビで配信されている映像よりも、綺麗に感じる程です。

元々は、スマホでYouTubeを見ている事が多い子供達の目を気にして、導入を検討していた商品ですが、音声認識の感度も良く、プライムビデオは勿論、YouTubeの動画検索にも使えるので、我が家の3歳児でも使いこなせているようです。

これだけの画質で見られるのであれば、プライムビデオの見放題を活用して、今まで見ていない映画やドラマを鑑賞するのが楽しみになってきました。

まずは、気になるドラマ「孤独のグルメ」を、最初から見てみようかと計画中です!(笑

普通のテレビを見る感覚と変わらないので、くつろぎながら大きな画面で見る事が出来ますし、番組表に沿った視聴では無く、自分のタイミングで開始できるのも良いですね。

音声認識の無いタイプであれば、お手頃価格で入手できますので、プライム会員の方は、FireTV Stickを持っておいた方が楽しめると思います!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    ぴあの
    2016年1月4日 AM 1:57

    Fire TV Stickの購入を検討しているので、とても参考にさせていただきました。

    他のブログで、「YouTubeは音声認識で検索できない」と書いてあったのですが、
    YouTubeを音声認識で検索できますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    • comment-user
      MACO
      2016年1月4日 AM 11:37

      コメントありがとうございます!!

      文中で「YouTubeの動画検索にも使える」と書いてしまっていますが、YouTubeの画面で音声検索を掛けると、Amazonビデオの動画がリストアップされているようでした。

      なので、音声検索の表示対象は、Amazon関連のコンテンツに限定されているようです。勘違いだったようで申し訳ありません。※記事本分は訂正しておきます。

      YouTubeの音声検索を使う場合は、Fire TV Stickの検索では無く、スマホとの連携が必要になりそうです。YouTubeとスマホの端末ペア設定画面で、「携帯端末で動画を検索し、テレビで再生できます」という項目があるので、ペアリングの設定を済ませた後、スマホから操作が出来ます。

      音声検索の範囲はAmazon関連のみとなっていますが、動画コンテンツのラインナップも徐々に増えてきていますし、年末年始も大活躍でした。音声認識の精度も高いので、個人的には気に入っています。

  2. comment-user
    ぴあの
    2016年1月11日 AM 12:05

    早々のご回答、ありがとうございます。
    YouTubeでは音声認識での検索ができないのですね。
    これはとても残念ですが、
    いずれアップデートで対応することを期待しながら、
    購入を検討したいと思います。

    このたびはありがとうございました。

    • comment-user
      MACO
      2016年1月11日 PM 8:54

      いえいえ!
      こちらこそ、ペアリングの動作確認と音声検索の結果が、ごちゃ混ぜになってしまっていたようで、申し訳ありませんでした!!

      今のところ、Amazon以外の音声認識は使えないかも知れませんが、認識精度は高いと思いますので、検討される価値はあるかと。

      この度は、コメントをありがとう御座いました!!(^^ゞ

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※8月24日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!