LUMIX GX7 Mark IIをレビュー!評判の通りのミラーレス!!

LUMIX GX7 Mark IIをレビュー!評判通りの便利なミラーレス!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、先日購入したミラーレスについて。

随分前から、次に購入するカメラ(ミラーレス)を、ソニーにするかパナソニックにするかで悩んでいましたが、実機を見に行ってから色々と検討し、ようやく決心がついたので、パナソニックのLUMIX GX7 Mark IIを選び、お買い物マラソンで購入しました。

LUMIX GX7 Mark II
ミラーレスを購入!!

今まではキヤノン一筋だったので、他メーカーのカメラに慣れない部分はありますが…。ブログに使う写真を含め、この数日で五千枚ほど撮影したので、LUMIX GX7 Mark IIを使ったファーストインプレッションを書いてみたいと思います。

LUMIX GX7 Mark IIを選んだ理由と悩んだ要素

実機を確認した際、購入を迷った理由は2つ有り、シャッター音が好みで無かったのと、思っていたよりも少しだけ大きくて、若干重さを感じた事。個人的には、GX8のような撮り心地が希望でしたが、随分静音化されていて、シャッターを押す楽しさが少ない。

これらの理由から、他モデルの発表を待つために見送ろうかと思いましたが、購入を悩んだ要素と入手した時のメリットを比較し、思い切って購入を決意しました。

標準ズームレンズキット/シルバー
LUMIX GX7 Mark II

購入の決め手となったのは、滑らかに表現される綺麗な液晶とタッチパネル。その他には、充実した動画撮影機能や、交換レンズのコンパクトさ等、現在販売されている機種の中では、オールマイティーにこなせて、普段使いのカメラに最適だと思ったから。

その他の理由としては、子供達の写真を撮る際、荷物を減らすのであればコンデジが便利ですが、レンズカメラ特有の空気感は再現出来ない。のっぺりとした写真よりも、立体感のある写真を残してあげる為に、持ち運びに便利なLUMIX GX7 Mark IIを選びました。

LUMIX GX7 Mark IIに液晶保護フィルムを貼り付け

パッケージを開封してから、まず最初に行ったのが、保護フィルムを液晶部分へ貼り付ける作業。カメラ自体が販売された直後だったので、それほど選択肢はありませんでしたが、ハクバの液晶保護フィルム(LUMIX GX7MK2/G7専用)をチョイス。

保護フィルム
LUMIX GX7 Mark II液晶保護フィルム

こういった作業は苦手ですが、初期設定などを済ませたいので、真っ先に取り掛かります。同封されている埃取りと、ブロアーを使って綺麗にしてから、一気に貼り付けます。

作業開始
LUMIX GX7 Mark II液晶保護フィルムの貼り付け

埃を綺麗にして
液晶の埃や汚れを綺麗にして

コーナーを合わせて一気に
コーナーを合わせて一気に貼り付け

貼り付け完了
綺麗に保護フィルムを貼れました

四隅をハミ出す事無く、綺麗に液晶保護フィルムを貼る事ができました。こういう作業の場合、風呂場なんかが適していますが、今回はリビングで実施。埃取り紙よりも、ブロアーが効いたようで、気泡も入らず上手に貼れました。

LUMIX GX7 Mark IIに推奨のメモリーカード

液晶の保護が終われば、次はメモリーカードのセット。動画撮影に影響が出る可能性があるので、U3規格対応のメモリーカードが推奨との事。4K動画や4Kフォト等、容量を食いそうな機能があるので、余裕を持って256Gのトランセンド製を準備。

メモリーカード
LUMIX GX7 Mark IIにメモリーカードを入れる準備

説明書
使用できるメモリーカード

メモリーカードをセット
メモリーカードをセット

取り扱い説明書のメモリーカード項目を読んでいると、「本機で使用できるカードについて」という部分に、SDXCメモリーカードは128Gまでしか表記されていませんでしたが、現在のところ256Gでも問題なく使えています。

LUMIX GX7 Mark II充電について

個別の充電器はセットになっておらず、バッテリーチャージャーとして別売になっています。電池をセットしてから、カメラにコードを差し込んで充電する事になりますが、USB充電にも対応しているので、出張等が多い方には便利なのかも知れません。

充電セット
LUMIX GX7 Mark II充電の準備

電池を入れて
電池を入れて

コードを繋いで充電
コードを繋いで充電

充電中は、録画ボタン近くにある赤いランプが光り、満タンになると消灯します。自分の場合、コードを繋いで充電するよりも、充電器があったほうが使いやすいので、予備の電池(DMW-BLG10)と、バッテリーチャージャー(DMW-BTC9)を別途注文しました。

LUMIX GX7 Mark IIの設定とセットアップ

充電が終わると、電源を入れて初期設定を開始します。現在の時間や使用地域など、説明書を読みながら設定を進めましたが、これと言って難しい項目はありません。初期設定自体はあっという間に終わったので、今度は好みに合わせたセットアップを行います。

電源を入れて
電源を入れてセットアップ

使いやすい設定に変更
メニューも使いやすい設定に変更

ボタン機能や、短縮メニューの変更など、自分が使いやすいようにセットアップを進めます。パナソニックの設定画面は初めてですが、基本的な部分に大きな違いは無いので、ポップアップされるヒントを確認しつつ、とりあえずの設定を済ませました。

説明書はダウンロードするのがオススメ!

セットアップを進める一方で、頭に入って来ないのがLUMIX GX7 Mark IIから扱う未経験の機能。特に、フォーカスセレクトや、4K PHOTOの3つのモードなどは馴染みがないので、説明書を読んでもイマイチ理解が進まない。

説明書を読みながら…
説明書を読みながら設定

説明書をタブレットに
説明書をタブレットにダウンロード

そんな時、PDFファイルの方が詳細に解説という表記を見つけたので、試しにタブレットを使ってダウンロード。実際に確認してみると、紙製よりは詳細に書かれていますし、カラーになっているのも分かりやすい。説明書は、端末にダウンロードするのがオススメです!!

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.を一緒に購入!

カメラの購入に合わせて入手しておいたのが、「LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH」という、35mm判換算で50mmとなる単焦点レンズ。「単焦点ライカDGレンズキット」もありましたが、標準的なレンズが欲しかったので別途購入。

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.
パナソニック LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

開封!!
パナソニック LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. を開封

セット内容
パナソニック LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. セット内容

カメラの本体はシルバーを選んだので、付属している標準ズームレンズはシルバーでしたが、見た目的には黒色も合うだろうと思い、あえて黒色のレンズを注文してみました。

標準ズームレンズ(キット)
LUMIX GX7 Mark II標準ズームレンズキット

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
LUMIX GX7 Mark IIと LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

両方を比べてみましたが、シルバーでも黒でも違和感は全く無し!!個人的には、黒色レンズの方が引き締まった感じがして、お洒落なカッコ良さがあるように思います。とりあえずは、標準ズームレンズと単焦点レンズからスタート。

LUMIX GX7 Mark IIとLUMIX G VARIO 12-32mm標準ズームレンズにて撮影

キットレンズとして付属している、標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」を使って撮影してみました。35mm判換算で24mm-64mmなので、広角から標準域までを撮影できます。※撮ったままの状態で掲載。

標準ズームレンズ・LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.で撮影

屋外にて花を撮影

白色も綺麗です

屋内にて顔検出撮影

屋内にて顔検出撮影

このレンズの魅力は、何と言っても沈胴機構による携帯性の高さ。レンズ自体がコンパクトに収納されるので、不要な出っ張りが少なく、持ち運ぶには重宝します。撮影対象がどうしても遠い場合は、2倍/4倍のデジタルズームを使えば何とかなります。

LUMIX GX7 Mark IIとLEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4にて撮影

LUMIX GX7 Mark II標準ズームレンズキットと一緒に買った、35mm判換算で50mmの標準単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4」を持ち出して、簡単に試し撮りしてみました。シチュエーションが少ないので参考まで。

阪急西宮ガーデンズ屋上の噴水

噴水で遊ぶ子供達

噴水で遊ぶ子供達

スカイガーデンズの噴水タイム

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. にて撮影

阪急西宮ガーデンズの屋上

あおり気味に撮影

噴水で遊ぶ次男君

びしゃびしゃです!!

やはり、その場の空気感を切り取ってきたかのような印象は、単焦点レンズならではといった感じですね。我が子達にスポットが当たり、他の部分は綺麗にボケてくれるので、こういうシチュエーションには最適!!ネックとなるのは、携帯性と構図の作り方でしょうか。

LUMIX GX7 Mark IIとスマホをWi-Fiで連携させる

今まで使った事が無い機能として、カメラとスマホ間のWi-Fi通信があります。随分前から一般的になっている機能ですが、FacebookやTwitterもやっておらず、写真はパソコンで管理しているので、カメラとスマホの連係には必要性を感じた事がありません。

ただ、説明書を読みながら、細々とセッティングしている最中だったので、物は試しにといった感じで、スマホとカメラのWi-Fi設定を行う事に。

Wi-Fi設定
アプリを使ったWi-Fi設定

Panasonic Image App
パナソニックのカメラ専用アプリ

写真の転送に成功!!
写真の転送に成功!!

説明書に従い、「Panasonic Image App」というアプリをダウンロードし設定すると、カメラ側の画像をスマホへ転送する事が出来ました。こういった使い方が出来れば、カメラで撮った写真を、奥様や両親に転送するのも楽ですね。

※タブレットとカメラ間の通信は、何故だか失敗してしまいますが…。

パナソニックの画像管理ソフトPHOTOfunSTUDIOについて

パナソニックの公式サイトにて、パソコンに写真を取り込み管理する「PHOTOfunSTUDIO」というソフトが公開されているので、ダウンロードページを開いて説明を読み、カメラの製造番号を入力し、PHOTOfunSTUDIOをインストールしてみました。

製造番号を入力
製造番号を入力

ただ、PHOTOfunSTUDIOを使って取り込みを行うと、動画と一緒に「.cont」「.pmpd」「.tmd」といったファイルが表示されていました。

これらのファイル形式について簡単に調べたところ、「PHOTOfunSTUDIO」を使って動画を編集する際に使用するようですが、別のカメラで撮った動画にも生成され、何となく良い気がしなかったので以降は使わず。現在は以前使っていた、キヤノン製のソフトを利用しています。

LUMIX GX7 Mark IIをレビュー!まとめ

コンデジを水没させて以降、本機のみでブログも書いていますが、出掛ける際に多少はかさばるものの、使い心地には満足しています。

個人的に気に入っているのは、チルト液晶と顔認識時のフォーカスの速さ。噴水で遊んでいる写真のように、アオリ気味で撮るのも楽ですし、フォーカスを顔認識モードにすれば、適当にカメラを向けておくだけで、子供の顔を捉えてキッチリと調整してくれます。

後は、薄暗い環境下でも、ブレを気にせず撮影出来る事。今までであれば、グッと構えて撮影しなくてはいけないシチュエーションでも、割りと気軽に構えて撮影できます。

そして、万が一フラッシュを使用する場合でも、ストロボ部分の形状から、なんちゃってバウンス撮影が出来るので、光を直接当てるより柔らかい写真を撮る事ができる。

なんちゃってバウンス撮影
脂を出すように焼く

こちらも同様
エリンギをスライスする

※参照記事(本機で撮影)
簡単レシピで美味しい料理!博多華味鳥 『とり鉄板』がオススメ!!

今のところ、出番が無かったので4K PHOTOやフォーカスセレクトを使っていませんが、徐々に導入しながら試してみたいと思います。

今まで使っていたコンデジと比べた際、一番煩わしいのはレンズキャップの存在ですが、そのうちに慣れるかと。単焦点レンズを持ち出したいものの、荷物のボリュームが大きくなるので、現在までは出番が少なめです。※釣り場に持ち込むとかさばりますし…。

2016/06/08日以降、当ブログで使っている写真は、全てLUMIX GX7 Mark IIにて撮影していますので、宜しければ参考までにご覧下さいませ。※一部レタッチ処理有り。

とにもかくにも、「ここが凄い!」という主張は無いものの、全てが平均点以上の秀才カメラ。現在のところ、持ち歩きカメラとして徐々に馴染んできたので、単焦点レンズの扱いも含めて、ガンガン写真を撮って理解したいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「472件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※12月19日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!