ロリポップが遅い時代は終了!モジュール版PHPでWPが爆速化!!

ロリポップが遅い時代は終了!モジュール版PHPでWPが爆速化!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、ロリポップのハイスペック化について。

現在のレンタルサーバーはロリポップを利用し、WordPressを使ってブログを運営していますが、2015年の10月に「すべてのお客様にハイスペックサーバーを提供する」という取り組みのもと、サーバー環境の改善により、大きな仕様の変更がありました。

この移行ボタンを押してしまい、思い掛けないメンテナンス状態に入ってしまった訳ですが、その効果は「早くなった!」と体感できるほど絶大。今までの苦労は何だったのかと思える位、WordPressが軽快に動作してくれています。

本来であれば、新たなレンタルサーバーを借りて、ブログを移設しようかと思っていましたが、これだけのレスポンスであれば、他のレンタルサーバーと十分な勝負ができます。

今回は、ロリポップのハイスペックサーバー化と、WordPressを爆速化した「モジュール版PHP」について書いてみたいと思います。

ロリポップの次世代ホスティングサービス!

速度や処理の遅さがネックになっていたロリポップですが、快適なサイト運営を行えるよう、サーバーの構成を一新。ウェブサイト高速化への取り組みに、かなりの本気度が伺えます。※モジュール版PHPはエンタープライズプラン、新サーバーのスタンダードプランで利用可。

すべてのお客様にハイスペックサーバーを提供

これまで、ロリポップ!の最上位プラン「エンタープライズ」で提供してきた新サーバー環境を、順次すべてのプランで提供します。新しいWebサーバーでは、マルチコアCPU、6コア12スレッドの合計24スレッド採用。データベースサーバは高速SSDを使用します。

引用元 :『ロリポップ・レンタルサーバー

モジュール版PHPによるレスポンスの高速化

従来、共用サーバーでのモジュール版PHPの提供は、Apache権限でPHPが動作するために個々のユーザー領域の設定ができず、セキュリティに問題がありました。ロリポップ!では、独自に開発した権限分離アーキテクチャにより、大規模環境においてモジュール版PHPの高速性能を維持しつつ、安全に権限分離できる環境を構築。

WordPressをはじめとしたモジュール版PHPで実行するプログラムでは、CGI版PHPに比べ大幅な速度改善が見込めます。これにより、圧倒的なコストパフォーマンスを誇るホスティングサービスの提供が可能となりました。

引用元 :『ロリポップ・レンタルサーバー

新設サーバーへの移行は、使用しているプランによって順次行われるとの事ですが、少しでも早く使ってみたいという場合は、管理画面から申請を行い、そのタイミングで移行作業を開始してもらう事ができます。

ハイスペックサーバーへの移行方法

何気なく作業を進めてしまった為、キャプチャ画像を用意できませんでしたが、手順自体は簡単です。移行申請が出来る場合、管理画面トップページの上部に、新設サーバーへの移行案内のリンクが表示されていますので、そのリンク先の詳細に目を通して、実行ボタンを押すだけ。

自分の中では、移行作業の予約ボタンかと思っていましたが、クリックした直後からサーバーがメンテナンス状態に移行し、サイトの表示等が出来なくなるので、アクセスの少ない深夜や早朝を選んでクリックするのが無難。

このブログに関しては、1時間程度で作業が終わったようですが、数分から最大で1日程度の時間が必要になる場合もあるとの事。新設サーバーへの移行が終わると案内メールが届き、サイトも表示されていました。

作業後の速度
ロリポップのハイスペックサーバー化

今までのサーバー応答時間は、早い時で1秒台後半。アクセスが集中する時間は2~6秒程度と、かなりのバラツキがありましたが、ハイスペックサーバーへの移行が終わった時点では、0.7秒台が平均値でした。

モジュール版PHPへの変更前でも、体感できるほど早くなっています。こんなに変わるのであれば、もっと早く移行申請を行っていれば良かったと、ちょっぴり後悔する程の激変ぶりです。※念の為、バックアップを取ってから、移行申請した方が良いですね。

モジュール版PHPへの変更方法

今までのCGI版PHPと比べ、大幅な速度改善が見込めるモジュール版PHPへの変更方法ですが、こちらの作業も簡単で、管理画面の「WEBツール」⇛「PHP設定」を開き、「5.4(CGI版)」と表示されているプルダウンを「5.6(モジュール版)」に変更してあげるだけ。

5.4(CGI版)を
ロリポップのモジュール版PHPへの変更方法

5.6(モジュール版)に変更
ロリポップのモジュール版PHPへの変更方法

※モジュール版PHPを使用するには、スタンダードプランまたはエンタープライズプランの利用が条件となります。

モジュール版PHP適用後の効果

設定が反映されるまで数分掛かるようですが、しばらくしてから再計測してみると、ハイスペックサーバーへの移行後よりも、更に早い結果となっていました。

平均で0.3秒台
のモジュール版PHPへの変更後

WordPressのテーマを作る際、何も表示させないプレーンな状態でも、こんな速度は出ませんでした。この結果には大満足です!!

ロリポップのWordPressが本当に爆速化!まとめ

ロリポップを使っている限り、サーバーの応答速度は1秒台後半が限界かと思っていましたが、ピーク時でも平均速度が0.3秒台と、この豹変ぶりにはビックリしました。

今までの場合は必ずと言っていい程、PageSpeedで「サーバーの応答速度」が赤色の最重要項目になっていましたが、一気に開放された気分です。チェックが付いている項目は、アドセンスによる物が多いので、サーバー関連の項目は無くなったと思います。

また、管理画面や執筆中のプレビューに関しても、今までとは比べ物にならないほど快適。

WordPressを使っている方の殆どは、画像圧縮のために「EWWW Image Optimizer」を利用されていると思いますが、画像アップロード時の待ち時間も、体感できる位に早くなっているような気がします。

新設サーバーへの移設に伴い、FTPソフトの設定項目を修正する手間が増えてしまいますが、管理画面のアカウント情報を見ながら、パパっと変更すれば良いだけなので、これといった煩わしさを感じる事はありませんでした。

現在、エコノミープランやライトプランを利用されている方も多いかと思いますが、モジュール版PHPの適応は、WordPressの高速化に効果絶大。スタンダードプランに変更する価値は、十分過ぎる位にあると思います。※「ロリポップ!」プラン比較

今までは「安いけど遅い」という印象のロリポップでしたが、これだけのレスポンスを維持できるのであれば、値段やサーバー速度を考えると他を寄せ付けないかも…。レンタルサーバーの構図が変わる程、大きな改革になったような気がします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「470件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※2月27日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!