クイックアプリランチャーが起動

タブレットPC風のXperia Z4 Tablet Wi-Fiモデルを購入!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、タブレットのお話。

少し前に、部屋の片付けの観点から「本は電子書籍の方が良いのでは?」といった記事を書きましたが、メリットやデメリットがあるものの、一度試してみようという事で、入手するタブレットを探していました。

※参照記事
Wi-Fiモデルのタブレットと電子書籍が最良かも?!

現在のラインナップとしては、安価な物であれば1万円前後、高価な物であれば10万円弱と、色んな価格帯で販売されているタブレットですが、随分前にSurface Proを購入しようかと思っていた時期もあったので、外部キーボードは欲しいところ。

エイスースかソニーで悩みましたが、解像度と本体重量の差で、ソニーの「Xperia Z4 Tablet Wi-Fiモデル+外部キーボード」に決定。

Xperia Z4 Tabletと購入アイテム
Xperia Z4 Tabletと周辺機器

後継機の噂が絶えない、α6000の次期モデルも未発表のままなので、新しいカメラを買う為に貯めている、楽天ポイントをガッツリと使って購入。多少の持ち出しはあったものの、一式揃えた事を考えれば、満足のいく買い物ができました。

Xperia Z4 Tabletについて

仕事で使う予定は無く、自宅でのプライベート用なので、OSに関してはWindowsでは無くAndroidを選定。電子書籍を読むなら、大きい方が良いだろうと思い、10.1インチの画面サイズ、防水・防塵機能付きという事で、このタブレットを選んでみました。

Xperia Z4 Tablet付属品
Xperia Z4 Tablet付属品

表面
Xperia Z4 Tabletの表面

裏面
Xperia Z4 Tabletの裏面

手に持った感想としては、驚くほど軽くて薄い。厚めのベニヤ板2枚分程度で、持ち重りは殆どありません。背面の白い部分は、ツルンとしたプラスチックでは無く、マットな手触りでグリップ感も良く、指紋も気にならない感じになっています。

Xperia Z4 Tabletの画面保護フィルム

キーボード(BKB50)との兼ね合いもあるので、画面の保護フィルムは純正の方が無難かと思い、ソニーから販売されている「Xperia Z4 Tablet専用 スクリーンプロテクター(PRT13JP)」を選択。例の如く、奥様に貼ってもらいました。

PRT13JP
スクリーンプロテクター PRT13JP

タブレットに貼り付け
Xperia Z4 Tablet(Wi-Fiモデル)専用フィルム

シートの質感としては、ツルンと光沢のあるタイプでは無く、若干マットな感じでタッチ感度も悪く無い。ただ、マットな質感だけに、画面の鮮明さがスポイルされているような気が…。保護フィルムに関しては、ガラスフィルムに張替えを検討中。

メモリーカードの準備

公式サイトの「Xperia Z4 Tablet 仕様表」を確認すると、外部メモリーはmicroSD、microSDHC、microSDXC(最大128GB)との事なので、ゆとりを持たせて最大値の128GBを購入。側面にある切れ目を起こし、空いているスロットにmicroSDカードを差し込みます。

トランセンド製を使用
メモリーカードを準備

microSDカードを差し込む
マイクロSDカード

使い始めてから「ストレージ」項目を確認してみると、内部ストレージの半分近い容量をOSが使っていました。アプリ自体を外部ストレージへと移動させる項目もありましたが、移動できる物とできない物があるようで、この辺りは調査が必要です。

Xperia Z4 Tabletのセットアップ

メモリーカード入れて準備が終われば、タブレットのセットアップを始めます。電源を入れると、言語の選択画面から始まるので、画面に表示される項目を確認しつつ、Wi-Fiの設定等を終わらせ、あっという間に初期設定は完了。

言語の選択
Xperia Z4 Tabletのセットアップ

初期設定の完了
初期設定の完了

作業の途中で、画面の中にPOBox PlusのQWERTYキーボードが出てきましたが、思いのほか使いやすくてビックリ。ブログコメントの返信や短文のメール返信など、簡単な文字入力だけであれば、外部キーボードは必要無いと思える程です。

専用外部キーボードBKB50について

タブレットのセットアップが終わったので、次は専用外部キーボード「BKB50」の準備。BKBと聞けば、放課後ぶかつ部でお馴染み「バイクだけにね!ブンブン!!」の、バイク川崎バイクを思い出してしまうのは何故でしょう…。

BKB50
BKB50JP

QWERTY-JISベース
QWERTY-JISベース

タブレット差し込み部分
Xperia Z4 Tablet用Bluetoothキーボード

矢印の部分に溝があるので、タブレットを差し込めばPCスタイルとして使えるように。キーボードの配列には慣れが必要ですが、使い心地に違和感は無く、きっちりと押している感じが伝わってきます。※専用キーボードは、ブラックのみの販売。

Xperia Z4 TabletとBKB50のペアリング設定

キーボードを取り出した後は、タブレットととBKB50のペアリング作業を済ませます。NFCとBluetooth接続を選べるようですが、今回はNFCにてペアリング。まずは、タブレットのNFCをオンにして、キーボードの電源を入れ、両機のNFCマークを近づける。

ペアリング設定
ペアリング設定

BKB50JP側
BKB50JP側

タブレット側
Xperia Z4 Tablet側

見えなくなる部分にマークがあるので、上手に合わせにくく、少しだけ手間取りましたが。NFCマーク同士を合わせて認識が終われば、表示に従って「はい」を押します。

ペアリングの実行
ペアリングの実行

ペアリング完了
ペアリング完了

正常にペアリングが終わると、キーボードの電源横にある、白色のランプが点灯します。Bluetooth接続の場合は、タブレットのBluetoothをオンにして、キーボードのBluetoothボタンを長押し。設定項目からBKB50を選べば、ペアリングは終了との事。

Xperia Z4 TabletとBKB50の使用感

ペアリングは簡単に終わったので、タブレットとキーボードをドッキングしてみる事に。キーボード側の溝に対して、ファミコンのカセットを入れる時のイメージで、タブレットを片側から押し込み、残っている片側も入れる。

PCスタイル
PCスタイル

クイックアプリランチャー
クイックアプリランチャーが起動

WEB閲覧も快適
WEB閲覧も快適

見た目はノートPCっぽくなったうえ、左下の矢印アイコンを押せば、クイックアプリランチャーが起動し、馴染みのあるインターフェイスに早変わり。キーボードとの連動も問題なく、アンドロイドノートPCといった感じです。

Xperia Z4 Tablet専用タブレットケース

基本的には自宅用ですが、職場へ持ち込み、書籍を閲覧する事もあるので、ソニーから販売されている「Xperia Z4 Tablet専用タブレットケース(SCR32JP/W)」も購入しておきました。

スタンド機能付きカバー
Xperia Z4 Tablet(Wi-Fiモデル)専用 スタンド機能付きカバー ホワイト SCR32JP/W

SCR32JP/W
タブレットケース

タブレットをセット
SCR32JP/Wにセット

タブレットをスライドさせつつセットすると、きっちりと固定されていますが、窮屈な感じでは無いので、スムーズに脱着できます。ただ、キーボードとドッキングさせる度に取り外すのは、少しだけ面倒なイメージが…。

Xperia Z4 Tablet Wi-Fiモデルを購入・まとめ

画面サイズと重量が決め手となって購入したXperia Z4 Tabletですが、専用のタブレットケースを装着しても驚きの薄さで快適です。電子書籍に関しても、何冊か読んでみましたが、漫画を読む時はコミックサイズで、違和感無く楽しめます。

縦持ちの場合
縦持ちの場合

この角度が快適!
この角度が見やすい

何もしていない状態で、背面のロゴ周辺が熱くなるという、謎の発熱が一度だけありましたが、強制終了を押してからは、機嫌良く稼働してくれています。

今のところ、電子書籍の閲覧をメインに、ノートPCを立ち上げるまでも無いが、スマホでは効率が悪いといった軽作業に使う予定なので、これだけ快適に動作すれば不満は無し。画面をタップした時の電子音も、小気味良い感じで気に入っています。

後は、アンドロイドのデータ管理機能が、もっと使いやすくなれば良いのですが…。世の中の流れとして、クラウドが主流になりつつありますが、自分としては手元に残しておきたい派なので…。

とにもかくにも、電子書籍を試してみるという大義名分のもと、色々と楽しめそうなオモチャを手に入れてしまいました!!(笑

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「ライフ&ホビー」ジャンルには 「470件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    ガヤルド
    2016年12月20日 PM 12:03

    電子書籍の小説を読みたいなと思いタグから来ました。多数の写真とわかりやすい解説が参考になりました。

    • comment-user
      MACO
      2016年12月20日 PM 9:40

      コメントありがとうございます!
      そう言って頂けると、本当に嬉しいです!!

      その後も、このタブレットを使って電子書籍を読んでいますが、快適に使えています!!(^^ゞ

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※2月25日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!