ルアーのメンテナンス ⑤ ~錆び落とし・フック編~

シェアして頂けると嬉しいです!!

さてさて。数回にわたって書いているルアーの錆び落としについてですが、今回は「フック」の付いた状態のままクレ・ラストリムーバーに浸けてみたいと思います。

微妙に「錆びてる?」っていう位のフックが付いているルアーを集めて…
タックルケースにクレ・ラストリムーバーを強引に注入↓

ここで失敗に気付く。
現在使っているタックルケースはMEIHOの水きりが出来るタイプ。
その中にリムーバーを入れ、ふたを閉めててシェイクすると…

「イタタタタっ!!」
予想通りリムーバーが流出。リーダーを組む時にラインが食い込んで切れていた小傷にビリビリしみます。

急いで手を洗い流し、しばらく放置。
その間、他のタックルケースにバスマジックリンを吹き付けて放置↓

小一時間で浸け置きを終了。
ルアーを洗い流して新聞紙の上で干しておきます↓

今回はフックごと錆び落としにチャレンジしてみましたが、感想としてはフックの素材によって綺麗に落ちる物とそうでない物があるように思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「736件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※12月18日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!