シーバスがバレる理由

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は釣りの話。

昨年の夏頃に何となく書いたのを忘れていて、そのまま投稿せずに放置してたんで、改めて記事にして書きなおしてみました。

で、テーマは「何故バレる」のか。

シーバスを相手に遊んでいて、一番悔しくてヤキモキするのが、掛ったシーバスとやり取りしていてラインテンションがフっと抜けた瞬間。何とも言えぬ悔しい気持ちになります(笑)

そりゃ、そうですよね!!

仕事で疲れてるのに釣りに行って、睡眠の時間削って水面に向かって黙々とキャストを繰り返して。イワシやバチが入ってボッコボッコしてるような場合以外は、それ程コンタクトも無く…。

色々試してやっと掛けた!
と思ったら、「フっ」って!!

実際に遊んで経験してる人しか味わえない悔しさです(笑)

さて、このバラシ。
どういう時に起こるんでしょうか??

理由は色々あり過ぎて書ききれないですが。

例えば…

バイブレーション等の重いルアーを使っている。
※写真は他の記事のを流用なんで、関係無いスーサン写ってますが(^_^;)

他には…

・外側に針掛りしている
・固い部分に針が刺さりきらなかった
・柔らかい口周りに針掛りして身切れした
・電撃アワセ
・エラ洗い
・ラインテンションが緩んだ
・ラインを張り過ぎた
・レンジがズレている

等々。
上記だけでも複合してる部分もあって、言い出したらキリが無いですね。

で、この悔しいバラし。これも、鱸を「シーバス」と呼び、ルアーで遊ぶゲームのスパイス的要素になってるんでしょうけど。

だって、魚を掛けたら雑にやり取りしようが何しようが絶対にバレない!っていうなら、シーバス釣りのドキドキ感の半分が無いのと同じですもんね。

個人的には、「掛ける」までの楽しさが3割・「掛った瞬間」の楽しさが3割・「やり取り」の楽しさが4割。ってな感じですし。※ん?ちょっと違うか(笑)

ここは完全な余談になりますが、ロッドやルアーの謳い文句で「初心者にも扱いやすい!」「入門に最適!」等と耳にした事がありますが、それらを使った後の事って殆ど取り上げられてないですよね??

要は、「釣る」までの話では無く「釣った(掛けた)」後の話。

例えば、釣り番組とか雑誌を見てても、「ここがこういう状況だったんで、こういうルアー使って、こういうふうにアプローチして釣りました」的な話は飽きる程出回ってますが、その過程については殆どノータッチですよね。

料理のレシピ本で言うと、使用する材料の説明と完成後の味や見た目は詳細に載ってるけど、肝心な作り方が載って無い感じ。

普段から釣りをしている人は、何となく雰囲気でどういう状況かわかりますが。「シーバスの入門に~」と謳うなら、初心者の人が実際に釣りに出て魚を掛けた場合の説明も必要なのでは??なんて思ったりもします。

まぁ、これから釣りを始めてみようっていう方限定の話ですが。

多分、そこは個人で好みの感覚が違うのと同じで、実際に体験して工夫してって事なのかも知れませんが、あまりに「売る」事が先行し過ぎてる気がしたりもします。

最近紹介した書籍でも、いかにシーバスと出会うかっていう部分は事細かに書いてあるんですが、「ルアーを食った」後から「釣り上げる」までの事って殆ど書いてないんですよね~。

「実録!シーバスを掛けてから釣り上げるまで!!」
みたいな本があれば、結構売れそうな気がするんですけど(笑)

例えば、やり取りの際の実例を何個かあげて、こういう時はこういうロッドワークが良いですよ~。
的な感じで。ナシですかね??(笑)

さてさて。
本題からガッツリ離れましたが(^_^;)

この「シーバスを掛けた後」での「やり取り」部分で、多少バラしの確率も変わってくるのでは?

っていうのが今回のテーマだったんですが、長くなりましたんで次回に持ち越したいと思います。
という事で、次は「バラし」を減らすやり取りについてです(^^ゞ

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    るーぴん
    2013年4月11日 AM 10:47

    シーバスってバラしやすいからおもろいって事なのね。

    • comment-user
      MACO
      2013年4月12日 AM 11:42

      そうだと思います!
      バラさずに釣り上げ成功すれば嬉しいし、掛かった時からのハラハラ感がたまりません!f(^^;

  2. comment-user
    FJ
    2013年4月12日 AM 11:51

    皮1枚で身切れとかは別として、ロッドをしっかり曲げてラインテンションが緩まないようにファイトできれば、やりとりの最中でバレることってそんなにないですよね。
    あるとしたら、ヒット直後で、まだラインテンションが緩い段階でのエラ洗い(小型が多い)と、僕的に一番多いのがタモ入れの時の一瞬の油断と焦りと失敗(笑)

    • comment-user
      MACO
      2013年4月13日 AM 10:43

      あ!
      答え書いちゃダメですやん!!(笑)

      基本的には、ラインテンションを維持しつつ、魚の走る方向に気を使う事位ですかね~。あとは、テレビみたいに「フィ~~シュ!!」って激しくあわせない(笑)

      自分は、タモ使う事少ないし失敗もそれほど記憶にないんですが、FJさん…。意外とタモ入れ失敗多いですよね~(^_^;)

  3. comment-user
    2013年4月12日 PM 12:25

    昔、エキスパートに「とにかくたくさん掛けろ」と言われました。
    それが難しいんですが・・・(笑)
    次回楽しみにしてます!

    • comment-user
      MACO
      2013年4月13日 AM 10:44

      「とにかくたくさん掛けろ」

      そう!
      沢山掛けたいんですが、それが一番難しい!!(笑)

      答えは、FJさんが書いて下さいました!(笑)

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※8月20日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!