シーバスの季節別レンジ深度表!!

シーバスの季節別レンジ深度表!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、シーバス釣りの季節別レンジのお話。

少し前に、ベイト別の深度表を作って投稿しましたが、そのフォーマットを使い回して、季節毎の重点レンジをまとめた、一覧表を作ってみました。

※参考記事
シーバスのベイト別レンジ深度表!!

ベイト別の深度表と同様、数分で出来上がったものの、遊ぶ場所やベイトによっても変わってきますし、大雑把にまとめただけなので、参考になるかは微妙なところですが、イメージだけでも掴んで頂ければと、一応ながら投稿しておきます。

シーバス釣りにおける季節別の深度表

重要度の高い順に、赤・黄色・緑と色分けしてみましたが、思いのほかカラフルな図になってしまいました。ベイト別の深度表と同様、ポイントによって深さが変わるので、中層からボトムの扱いに悩みましたが、釣り場に合わせてイメージしてみて下さい。

季節別レンジ表
シーバスの季節別レンジ深度表

今回の表をもとにした、自分が持っている季節の印象を書くついでに、詳細が分かりやすいよう、過去に書いた参考記事をリンクしておきます。

1月~2月について

本格的な寒さが訪れ、真冬となる季節。産卵や越冬で体力を消耗したシーバスは、手っ取り早い回復の為に河川へ入る事も多く、気持ちが悪いヒル付きシーバスが釣れる季節。甲殻類や底バチを食べている季節なので、表層よりもボトムを中心に探ります。

※参考記事
シーバス釣りの冬パターン
真冬のシーバスポイントを条件から絞り込む

冬に調子が上がるようなポイントは、釣り人からも人気があるので、プレッシャーを避ける意味合いでも、地形の変化や護岸沿いを探れば、シーバスが釣れる可能性が多少は上がると思います。

3月~4月について

桜が咲き始める季節になると、ミミズに似ているバチが浮き始め、水面を漂うバチが捕食の対象。地域によって始まる時期が異なりますが、表層でバチを確認出来なくても、ボトム周りで漂っている事もあるので、上下のチェックが必要。

※参考記事
バチパターンとバチ抜けシーズンについて

ただ、バチ抜けに拘る必要は無く、一般的な明暗ゲームや流れの釣りでも、スイッチを入れられる程度にコンディションは回復しているので、表層だけでは無く、レンジを釣る釣り方も視野に入れておきます。

5月~6月について

半袖で過ごせる季節になると、昼間の時間帯に潮が大きく動くので、明るい時間帯のデイゲームを楽しめるようになります。バチを意識したシーバスや、ベイトへ移行しているシーバスが混在するので、釣り場の特徴とベイトとなる対象に合わせて、レンジを探る事になります。

※参考記事
春から夏にかけてのシーバス釣りについて

一年の中で、選択肢が一番増える季節ですが、日によってベイトパターンが変わりますので、一通りのレンジを探れるルアーを持ち込むのが無難かと。

7月~8月について

外に出るのが嫌になる程暑くなると、湾奥の明暗部はボラに占領され、潮通しの良い場所や、河川の釣りが中心に。水深のある釣り場がポイントになりますが、日によってヒットレンジが変わる為、バイブレーションを沈めて一通りのレンジを探ります。

※参考記事
夏のシーバス釣りについて

追い詰められたベイトが表層に溜まり、早朝にボイルが起こる事もあるので、バイブレーションだけでは無く、表層を引けるルアーも持っていると安心です。

9月について

その年の気候にもよりますが、夏の終わりと秋の始まりが混在し、魚の反応を出せるパターンやベイトの種類を特定するのは難しく、釣り場に合わせたレンジサーチが必要に。下旬になり暑さが一段落すれば、秋のイメージに近い表層を中心に。

上旬と下旬で、釣りのイメージが大きく変わる季節なので、その日に合わせたチェックが釣果への鍵になると思います。

10月~11月について

一年の中で、パワフルなシーバスと遊べる季節。ベイトを食べたいシーバスは水面を意識している事も多く、表層に追い詰められたベイトに対して、頻繁にボイルが起こります。ボトムを探るよりは、スイッチの入っているシーバスを相手に、表層を探る方が効率的。

※参考記事
ベイトが多過ぎて釣れないボイルを攻略する
サヨリパターンのルアーとシーバスの釣り方・攻略方法!!
シーバス釣りでベイトを探す具体的な方法

おかっぱりエリアにも、安定してベイトが溜まるので、釣果が高まる季節ですが、同じ表層でも微妙なレンジの違いで、ルアーに対する反応が変わってきます。ベイトが多い中でも、その場に適したレンジを引けるよう、数パターンのルアーを持ち込む方が楽しめます。

12月について

昼間の気温も下がり、年末が近づいてくると、楽しかった荒食いの季節も終盤を迎える事になります。今までボイルが出ていた場所も、ベイトの波紋が見えなくなってしまい、寂しい雰囲気になってきますが、ベイト自体は残っていて、少し下のレンジに沈んでいる可能性も。

季節を先取りした、ボトムを意識しているシーバスを視野に入れ、秋よりも少しだけレンジの入るルアーを用意し、ベイトに当る層を探すと効率が良くなります。

シーバスの季節別レンジ深度表!まとめ

季節別の主要レンジをまとめてみましたが、餌を食べたいシーバスは水面から1メートル程度を意識している事が多く、反応させやすいシーバスを釣るには、表層系のレンジを中心に揃える必要があるかと思います。※動きが鈍くなっている冬場は別ですが。

ただ、水質が綺麗な時はレンジが下がりますし、護岸や地形が変わっている流れの筋では、季節のレンジよりも、釣り場の特性に合ったルアーを使う方が効率的です。

色々と書いてみましたが、季節によって「中心となるレンジが変わる」事もあるという程度にしておき、必要以上に難しく考える事無く、その時のベイトや釣り場の状況に合わせて、その都度でルアーを選んだ方が楽しいと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「736件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※12月19日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!