シーバスルアーのフックについて!ラウンドベンドとスプロートベンドの違い!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
前回のシーバスルアーのフックの種類!カエシについて!!の続きです。

今回は、フックの形状について。

まずは…
ラウンドベンドとスプロートベンド

同じ番手(7番)と、同じMH(太さ・ミディアムヘビー)の2つのフック。
殆ど同じなのに、パッケージの色が違います。

違っているのは、フックのカーブになっている部分(ベンド)。

ベンド
ラウンドベンドとスプロートベンドの違い

右がRB=ラウンドベンド
左がSP=スプロートベンド
です。

どちらもカーブの形状が異なります。
それぞれで特徴がありますので、個別に見ていく事にします。

1.ラウンドベンド(RB)
ラウンドベンド

ラウンドベンド

黒いパッケージの方には「ラウンドベンド」と記載されています。上の写真を見てもらうと分かるように、フックのベンドが綺麗な半円になっています。この、半円になっているベンドがラウンドベンド。一言で特徴をまとめると、針が掛りやすい。

2.スプロートベンド(SP)
スプロートベンド

スプロートベンド

白いパッケージの方には「スプロートベンド」と記載されています。上の写真を見てもらうと分かるように、フックのベンドがフックの先端寄りになっています。この、ベンドがスプロートベンド。一言で特徴をまとめると、掛った物を保持しやすい。

二つを並べると…
ラウンドベンドとスプロートベンドの違い

ベンドの違いが良く分かります。
そして、ベンドと共に異なる部分がもう一つ。

シャンクの長さ
ラウンドベンドとスプロートベンドの違い

右がRB=ラウンドベンド
左がSP=スプロートベンド
です。

こうやって二つを並べると、フックの中心にある軸となっている部分(シャンク)の長さが違う事に気がつきます。ラウンドベンドの方が長く、スプロートベンドの方が短くなっています。

ラウンドベンドの方が針掛りがいいという理由はココにあって、シャンクが長い分フッキング時の力が伝わりやすく、鋭く針を差し込む事ができます。ただ、シャンクが長い分、ルアーによってはフックとフックの干渉が起きたりもします。

一方、スプロートベントはシャンクが短い分、フック同士の絡みは無いのですが、多少意識してフッキングを入れないと、針掛りがあまくなる事もあります。ただ、スプロートベントは掛った魚を保持しやすい。

RB/SPと、それぞれに特徴がありますが…。
どちらにも言えるのは…。

よく刺さる!!
どちらのシリーズも、針先が鋭くて良く刺さります。

では、ルアーのフックを交換する際、どちらを選べばいいのか。

これも前回の記事と同じで、好みの物を使えばいいと思いますが、ルアーのフック干渉が無い限り、初めて交換するならRBでいいのではないでしょうか。SPが魚を保持しやすいといっても、その保持する魚を掛けない事には本末転倒ですから。

オマケの話しになりますが、ルアーのフックは同一規格で揃えなければならないという決まりは無いので、シーバスのバラシが多い時の確認とショートバイト ~食い方編~で書いた「魚が食ってくる方向」を意識して、ガッツリ食ってくるフロントフックには魚を保持してくれるSPを。

やり取りの際にリアフックが何処かに掛りやすくしたり、何かの要素がズレていて後ろから突っつくようなショートバイトが出る時の為に、リアフックにはRBを。

また、現在のように「秋の荒食い」シーズンであればSPを。「春先のバチ」シーズンであればRBを。なんていう感じで、季節によって変えてみるのも一つの方法だと思います。

こんな感じで、ケースバイケースでフックのベンドを使い分けると、色々と悩み事が増えて釣りが楽しくなりますよ~!!(笑)

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「728件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    hassy
    2013年10月19日 PM 12:10

    シャンクの長さが違うんですね!
    初めて知りましたわ。

    勉強になります!

    • comment-user
      MACO
      2013年10月19日 PM 9:31

      RBが先に販売されて、フックが絡む事があったので
      SPが販売された。

      なんていう経緯だと思うんですが…。

  2. comment-user
    農作業をしてる大学生
    2013年10月19日 PM 12:18

    ルアーを作り終えたあとのフック取り付けでは、シャンクが長いのよりも短いのが魚のしっぽに近いように見えるんです。なので、基本的にはシャンクの短いのをつけることが多いですね。

    • comment-user
      MACO
      2013年10月19日 PM 9:33

      確かに、シャンクが短い方がしっぽに見えますね~。

      でも、フェザーフックとかもある位なんで、RBでも問題無さそうですが….
      アピール力が上がったりして(笑)

  3. comment-user
    むぎわら
    2013年10月19日 PM 7:48

    しまった!?読むんじゃなかった!!
    フックをあまり交換しないだけに、全くもって知らない世界・・・。

    そしてその世界の入り口が開かれてしまいました。
    釣り行っても釣れなくて悩んでるのに、フックの種類やらなんやら・・・・。

    コレ絶対、フックの交換する時、気になりますやん。
    でも勉強になります!!

    • comment-user
      MACO
      2013年10月19日 PM 9:37

      前に話してた「よくバレる」っていうの…。
      「フックをあまり交換しないだけに」ってのが原因なのでは??(笑)

      自分は、意外と小まめに交換してますよ~。最近は、めっきり釣りに出掛けてないんで、テレビ見ながらフック交換する時間が増えました(笑)

      信頼するルアー、スーサンやバリッドは買ってきて即フック交換してます。勿論、付属の新品フックは他ルアーでリサイクルですが…(^_^;)

  4. comment-user
    2013年10月20日 AM 1:00

    とても興味深い記事でした。
    かなり参考になりました!!
    使い分けてみよっ!
    できるかどうかは謎ですが・・・・・。汗)

    • comment-user
      MACO
      2013年10月22日 AM 10:45

      参考になるかは分かりませんが…(^_^;)

      全部の手持ちルアーに適応させるのは大変なんで、お気に入りのルアーや勝負ルアーにだけ施工すると、いざ使う際、気分的に楽ですよ~!!(笑)

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※1月17日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!