シーバスルアー・アクションの種類

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回はルアーアクションのお話。

ルアーアクションと言っても、スットップ&ゴーやリフト&フォール等のアクションでは無く、今回はルアー本来が持っている「動き方」の種類の事。

以前、ルアーの特徴はパッケージの裏を見れば書いてある。なんていう話をしましたが、書いてあったとしてもパッと見では分からない事も。なので、今回はルアーが持っている代表的なアクションをザックリとまとめてみたいと思います。

ではでは。
早速。

※手元にあったパラガスで全部のイメージ写真を無理矢理作ってみましたので、その辺りは気にせず適当にご覧下さいませ。
 
 

ウォブリング
ウォブリング

支点を中心に、左右へバランスを崩しながら泳いでくる動き。片方に崩れたバランスを戻そうと、逆方向への力が働き再度同じ事を繰り返す。引いて来ると、テール側を振りながら戻ってくるようなイメージ。アピール力は高い。
 
 

ローリング
ローリング

正面から見ると、左右交互に傾くような動き。ルアーを引いて来る際に下から見ると、ルアーの側面がチラチラと見えるイメージ。側面のカラーによっては、ダメージを受けたベイトにも見える。
 
 

ウォブンロール
ウォブンロール

ウォブリングとローリングを足して割ったような動き。大抵のルアーはこのジャンルに分類され、ウォブリングとローリングのどちらが強いかという比率の話し。
 
 

S字
S字

ビッグベイト等で良く見られる動き。S字に蛇行するように泳いできます。
 
 

ダート
ダート

ロッドを跳ね上げてアクションさせる事によって、ルアーが左右へと鋭く飛ぶ動き。
 
 
本末転倒ですが、画像加工に疲れて本文がサックリになってしまいました。
まぁ、何となくイメージして頂ければ…。

今回は、ルアーパッケージの裏に書いてありそうな事をまとめてみましたが、だからと言ってどうという事はありません。ルアーを選ぶ際、頭の片隅においておけば、購入する前に「どんな動き」をするのかイメージが付きやすい。程度でいいと思います。

多分、実際に使ってみた時に受ける感覚の方が大事だと思いますので。

後は、ポイントに行って足元なんかでチョコッと泳がせて、どんな動きをするのか確認してから投げると、ルアーがどんな動きになっているのか分かりやすいです。

それでは。
今回は、この辺りで。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※6月29日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!