竿先に絡まったPEラインを簡単に解く方法!!

竿先に絡まったPEラインを簡単に解く方法!!

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、竿先に絡んだラインの解き方について。

先日の釣行で、シーバス釣りを始められたばかりの年配アングラーさんと話す機会があり、色んな話をしながら釣りをしていましたが、キャストのタイミングを失敗して、ロッドの先端にラインを引っ掛けてしまいました。

イメージ図
ロッドの先端に絡まったPEライン

ちょっぴり恥ずかしい気持ちになりましたが、会話を続けながらラインを解くと、年配アングラーさんは驚いた様子で興味津々。話を聞いてみると、同じ様に絡む事が多いらしく、手巻きでルアーを回収してから解いていたとの事。

そんなに面倒な事をしなくても、簡単に解く事が出来ますよ~。なんていう感じで再現してみたところ、予想以上に喜んで頂けました。今回は、ロッドの先端に絡むラインと、解き方について書いてみたいと思います。

ラインが絡む原因について

キャストの最中、振り出しのタイミングを失敗すると、「ピュ~ンッ!!」という嫌な音と共に、放出したルアーが急激に失速し、全く飛ばないまま目の前に着水。ロッドの先端を確認すると、PEラインが絡んでいる事があります。

こんな感じ
PEラインの絡み・拡大イメージ

ルアーの重みを溜め過ぎ、キャストの振り出しが遅れると、起こりやすくなる現象だと思いますが、このままではリトリーブも出来ず、力任せに無理やり巻き込めば、ロッドの先端を折ってしまうケースも考えられます。

ロッドの先端に絡まったPEラインの解き方

こういった場合の解き方は簡単で、捻じれている部分のラインを持ち上げて、先端のガイドを越えるようにスライドさせつつ、絡まっているPEラインをくぐらせる。これだけの作業で、ロッドの先端に絡んだPEラインを、元に戻す事が可能です。

1.絡まったラインを指で起こす
ロッドの先端を追い越す

2.ロッドの先端を追い越す
PEラインをくぐらせる

3.PEラインの絡みは解消
PEラインの絡みは解消

難しい工程はありませんが、分かりにくいようであれば、先端から二番目にあるガイドの先から、人差し指を入れてラインを引っ掛け(起こし)、先端のガイドをなぞるように動かせば、自然と絡まりが解消されると思います。

ラインを絡めない為の対策

竿先への絡みが気になるようであれば、テイクバック時にタメを作らず、振り出しを早める事で改善されるかと。ただ、最適なタイミングで投げた方が負担も少なく、飛距離のロスも減らす事が出来ると思います。また、ラインの太さも一考の余地あり。

0.6号
シーバスPEパワーゲーム0.6号

使っているラインが細くなればなる程、ロッドへの糸絡みが増えるように感じるので、キャスト時の糸絡みに困っているようであれば、1.5号前後を巻いて試してみても良いかと。※1.0号以下になると糸絡みが増える印象。

竿先に絡まったPEラインを解く方法!まとめ

年配アングラーさんとの会話を元に、この記事を書いてみましたが、竿先にラインが絡んだ場合、この方法が手っ取り早くて簡単だと思います。

ラインの絡みを減らす方法としては、やはりキャストの動作を改善する事が一番かと。テイクバックの際、タメを作らず即座に放出すると、ルアーの重みが乗らず飛距離が出ない。かと言って、タメを作り過ぎるとラインに緩みが出てしまい、今回のように絡む事になる。

頻度の少ないトラブルかも知れませんが、ロッドの破損やラインを傷める事にも繋がるので、絡んだ状態で無理やりリールを巻くのは厳禁。

遠くへ投げようと力み過ぎず、ルアーの重みとロッドのしなりをリンクさせてあげれば、こういったトラブルは無くなると思います。まぁ、そうは言っても、遠くのスポットを狙う時は、意図せず力が入ってしまいますが…(^_^;)

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「734件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※2月27日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!