ルアーが真っ直ぐ泳がない時の対処方法

ルアーが真っ直ぐ泳がない時の対処方法

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、アイチューニングのお話。

釣りをしている最中、ルアーを護岸や橋脚にブチ当てた際、その後から真っ直ぐ泳がず、変な方向に進んでしまう事があります。また、今回のグラバーのように、新品を購入して未使用の状態でも斜めに泳いでしまったり。

そういった場合、ラインとルアーを繋げている「ラインアイ」部分が曲がってしまっている事が殆ど。ベッコリとヘコんでしまっていると難しいですが、軽度の歪みならアイ部分を元の位置に戻せば、今まで通り使えるように復活します。

地味な微調整は必要になるものの、作業自体は簡単。今回は、アイチューニングについて書いてみたいと思います。

アイチューニングに使用する道具

自分の場合、スッポリとフィットする感覚が好きなので、市販されているラインアイチューナーを使っていますが、アイ部分を挟んで曲げられる物なら何でも良いと思います。例えば、シーバスからフックを外す際に使う、プライヤーなんかでも大丈夫かと。

ルアーのラインアイチューナー
ルアーのラインアイチューナー

ラインアイチューナー自体は比較的安価に入手できるので、ピタッと合わせたいのであれば持っておくと便利なアイテム。釣り場で使うと、紛失してしまいそうな気になりますが、バッグのポケットに常備して持ち歩いています。

ルアーが真っ直ぐ泳がない症状について

自分の正面にルアーをキャストし巻いてくる際、ルアーのコースが左右のどちらかに片寄るようであれば、その方向にアイ部分が曲がっています。なので、難しい事を考えず、反対側から力を加え、アイの位置を中心に戻してあげれば作業は終了。

ルアーの泳ぎを改善する
ルアーの泳ぎを改善する

一度でピッタリ戻る事は少ないので、アイ部分を押し戻したら実際に投げてみる。それでも曲がって戻るようなら、微調整を行い再度投げてみる。これを繰り返して、ルアーが真っ直ぐ戻ってくる、アイの位置に合わせてあげます。

チューニングを行う際は、アイ部分に付属しているスプリットリングやスナップがあれば外しておく。アイだけを挟み込むように作業して下さい。

ラインアイチューナーの使い方

ラインアイをチューニングする道具ですが、前後の先端にはラインアイ用の溝が掘られていて、どこかの溝にピッタリとフィットするように出来ています。使い方は簡単で、ラインアイが合致する溝を探して、曲げたい方に力を入れるだけ。

溝にアイを合わせる
ルアーのラインアイチューナーの使い方

挟んで押す
ルアーのラインアイを挟み込む

この作業を繰り返す事になりますが、プライヤーよりも扱いやすいので便利。ただ、釣り場で急いでいる場合は、プライヤーでパパっと調節した方が早いかもしれません。

意図的にラインアイを曲げてみる

今までは、ルアーが真っ直ぐ戻ってくるようにする為のチューニングでしたが、釣り場によってはラインアイを意図的に曲げて、通常では「ルアーを通しにくいような場所」を引くためのチューニングを行う事も可能です。

例えば、シーバスが居そうな気配がプンプンする護岸。

護岸キチキチに着水させ、ルアーを引いて来るのがベストですが、キャストスペースが取れない場合や、ミスキャストすれば歩道や車道に出てしまう危険がある時。こういった場所でキャストをすると、どうしても安全マージンを取った着水点になってしまいます。

なので、意図的にアイ部分を護岸方向へと曲げ、ルアーを引けば護岸に近づくようにチューニングしてみる。といった方法もあります。

ラインアイチューニング・まとめ

今回は、ルアーが真っ直ぐ泳がない場合のアイチューニングについて書いてみましたが、曲がっている反対側から力を加えて戻してあげるだけの簡単な作業。※調整を繰り返している間に、真っ直ぐ泳いでいるのか分からなくなってしまう事もありますが…(汗

特に、橋脚や護岸にルアーをブチ当てた際、当たりどころによっては、思いもかけない程曲がっていたり、フックを装着する為のフックアイ部分がペチっと曲がっている事も。

ルアーの動きが斜めになると、シーバスからの反応も減ってしまうと思うので、何かに当ててしまった場合や、ルアーの動き(泳ぎ)に違和感を感じたら、気軽にアイチューニングを行ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2015年10月9日 PM 2:21

    私もバス釣りの時、クランクベイトでは良く使っていました~
    それと、例のグラバーHi68Sですが、昨夜、スピニングで使ってみました。
    まさに、MACOさんの言う通り!!
    まっすぐ泳いで帰ってこず、必ず片方に大きくずれて帰ってきます。
    アイチューンはまだですが、かなりの大きな軌道のそれ方でびっくりしました。
    本当に、バス釣りの時の外れのクランクそのものでした。
    これって直せるのか?気になります!

    • comment-user
      MACO
      2015年10月9日 PM 9:39

      やはり、同じようになりますか~。

      何だか、ホッとした気持ちと、残念な気持ちで複雑です~(^^;

      あれから試し投げしてみましたが、結構手をやいています。調整しきれないので、今のところ破綻しない範囲を探して使っていますが、神経使いすぎて直ぐに疲れてしまいます~。

      続報があれば、また教えて下さい~!!(^^)

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※8月21日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!