ルアーの動かし方(アクション)について

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、ルアーの動かし方(アクション)のお話。

前回まで
シーバス釣りのリトリーブについて
流れが無い時のリトリーブについて
と言った、リトリーブについて書いてきました。

今回は、それらの記事のオマケといった感じです。
一口にルアーを動かすと言っても、その方法は様々。

例えばワインドと呼ばれるような、ロッドでラインを弾きながらパンパンと大きく動かすアクションから、流れの変化に差しかかった際フッと微かに動かすアクションまで。

しかも、その時に使っているルアーの特性や、動かす感覚も個人によって様々だと思いますんで、今回は普段自分が遊んでいる感覚をザックリと書いてみたいと思います。

ではでは。
早速。

まず最初に、ルアーを巻いて来る際、基本的にはタダ巻きを中心に考える事。

市販されているルアーは、タダ巻きを想定してセッティングされている物が殆どかと。ルアーケースの裏面を見ると、そのルアーの特徴が書いてあったりします。

例えば…
ルアーの動かし方(アクション)について

邪道 冷音(レイン) 14g

ただ巻きのバイブレーションは当たり前。邪道として試行錯誤のうえ、たどり着いた答えがトラブル減のダーティングマスター「冷音(レイン)」シーバスだけでなく、青物、タチウオ、ヒラメ、マゴチと多種多様な魚に高アピール!

TECHNICAL HOLE
引き心地が軽く、水平姿勢に近くバイブレーションは控えめです。イレギュラーに軽くダートし、ダーティングが出来るアイです。

EASY HOLE
小刻みなバイブレーションを起こし、ボトムトレースや足下まで泳がしたい時、スローに動かしたい時におすすめです。

こんな感じで説明が載ってますが、ルアー購入の際に裏面を見て「どのように使うか」を確認してみます。すると、大抵の場合は「タダ巻きで○○」「ロッドアクションで○○」といった具合に、アクションを入れる事によって、どのような動きになるのかが分かります。

まずは、それらの記載を参考にして、そのルアーを動かしてみる。
その方法が、無難で一番マッチしているかと。

ここからは個人的な感覚の話ですが、自分がルアーを動かす際、このブログでも「チョイチョイ」という言葉を多用します。

これは、ワインドやエギングのように大きくパンパンと弾くのでは無く、手首だけを使って動かす感覚。バイブレーションを使っている時のイメージで言えば、ダートさせるのでは無く、手首を使ってチョイチョイっと動かし「ヒラ」を打たせる感じ。

パーン・パーンと左右に跳ねるのでは無く、ピリピリ~っと動いてるバイブレーションが、キラっと一瞬動きを崩す。

その程度の動きです。

自分としては、深夜の釣行が多いので上下左右の大きな動きだと、シーバスがルアーを見失う可能性もあるのでは?と、思っていたりします。逆に、ダートさせたりしてスイッチを入れるという考えもアリかもしれませんが…。

本音を言ってしまうと、大きく弾いて糸フケを出して回収するようなダートの動きが有効なシーンも多々あると思いますが、どうもあの動きが苦手でして…。なかなか上手にこなせません(笑)

※ここまで書いて気が付いたんですが、細かく書くとキリが無いですね…。ザクっとまとめていきます。一応、チョイチョイアクションについては、過去記事の邪道:SU-SAN(スーサン)の使い方なんかでも触れてますので、そちらを参考にして下さい。

ルアーをアクションさせる事に対して、注意点が一つだけ。

ルアーを動かす事によって、シーバスのスレが進む事もあります。ルアーを随時動かしてしまうと、食い気よりも警戒心を与えてしまう。

そうならないように、ワインド等の釣り方を除いて、アクションの使いどころが大事になってくるかと。着水後からピックアップまでの間、ずっとアクションさせるのでは無く、「ここで食うだろう」と思える場所、または着水直後にアクションを入れて、後はタダ巻きで巻いて来る。

そんな感じのメリハリが必要になると思います。

範囲が広すぎて、今回は記事が全然まとまりませんでした…(汗)
時間が出来た時にでも、もう少し整理して書いてみたいと思います(^_^;)

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「736件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

※コメント欄の『利用規約』を読み、本規約の内容を承諾してから送信下さい。
※初めてコメント欄を利用される場合、管理者の認証を受けた後ブログへ表示されます。(認証された場合、次回より認証は省略され、書き込み直後に投稿・表示されます)
SHARE RANKING
※12月16日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!