Fimoのタイトル表示について

Fimoのブログタイトル表示について

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、Fimoのタイトル表示について。

先日の一件以来、時間がある時にチョクチョクとFimoを見ていますが、その中で少しだけ気になった話題がありました。

それは、「ブログタイトル」の非表示について。

多分、ヘッダー部分のブログタイトルを消したい(非表示にしたい)という事なんだと思いますが、一応の解決策としてtransparentを当てるという事になっていました。

個人的には、この部分にチョッピリ違和感が…。ただ、Fimoの管理画面を弄った事もないので仕様が分からず、コメントを入れる勇気も無かったので、こちらでひっそりと記事を書いてみたいと思います。

transparentとは

今回、解決策として提案されていたCSSのプロパティ値「transparent」ですが、コチラを使用すると、指定した要素を透過では無く、透明にする事が出来ます。

なので、「タイトルを消したい」というニーズには合っているプロパティ値なんですが、通常は背景色を透過したり、CSSのみで作る吹き出しや図形に使われる事が殆どで、フォントに適応する事は無いと思います。

検索エンジンのガイドライン

transparentをフォントに使用しない最大の理由として、「隠しテキストと隠しリンク」を使用してはいけないという、検索エンジンのガイドラインに抵触する可能性が高いからです。

隠しテキストと隠しリンク
Google の検索結果でのランキングを操作するためにコンテンツに隠しテキストや隠しリンクを含めることは、偽装行為と見なされることがあり、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)への違反にあたります。過剰なキーワードなどのテキストは、次のような方法で隠される場合があります。

• 白の背景で白のテキストを使用する
• テキストを画像の背後に置く
• CSS を使用してテキストを画面の外に配置する
• フォント サイズを 0 に設定する
• 小さな 1 文字(段落中のハイフンなど)のみをリンクにしてリンクを隠す

サイトに隠しテキストや隠しリンクが含まれていないかを判断する際は、ユーザーから見えにくい部分がないか、ユーザーではなく検索エンジンのみを対象としたテキストやリンクがないかを確認します。

引用元 :『Google/品質に関するガイドライン』

随分前に流行った手法なんですが、背景色と文字を同色にしたり、見えないような状態にしてしまう事は、一般的に「ブラックハットSEO」と呼ばれており、検索エンジンからペナルティを受けてしまう可能性が高くなってしまいます。

透過フォントを使うとどうなるか

ブラックハットSEOでペナルティを受けた場合、そのページの検索結果の表示順位が急降下し、一般ユーザーからは殆ど見てもらえなくなる。悪質と判断された場合は、検索結果から排除され、ブログが一切表示されなくなってしまう事もあります。

こうなってしまうと、検索結果から自分のブログを見に来てくれる人が途絶えてしまうので、Fimoをチェックされているリピーターの方や、FacebookやTwitterといった、SNS経由のアクセスしか無くなってしまいます。

Fimoブロガーさんのソースを幾つか読ませて頂きましたが、ブログのタイトルタグには「H2」タグという見出しが使われており、そこそこ重要な意味合いを持つ仕様になっているので、その部分を透過してしまうと、ガイドラインに抵触する可能性が高くなってしまいます。

一番の解決方法

Fimoを使った事が無いので、どの程度のカスタマイズが出来るのか分からないのですが、それ程細かくは弄れないのだろうと勝手に想像しています。

コードの変更が出来ないのであれば、ヘッダー部分のタイトル表示において、一番の解決方法は非表示にしてしまう事では無く、「ヘッダー文字に合った背景を用意する」事だと思います。

皆様の記事を読んでいると、フォントカラーの変更は出来るようですし、タイトルの表示位置もある程度は決まっているようなので、検索エンジンからペナルティを受けない為にも、消すのでは無く、活かす方が良策かと。例えば…。

ゴーストボタン風
ゴーストボタン風

背景ぼかし
背景ぼかし

グラデーション
グラデーション

適当にササッと作った作例で申し訳無いのですが、流行りのゴーストボタン風にしたり、背景をぼかしてみたり。シンプルにグラデーションを使っても文字が映えると思います。

ブログタイトルの表示が気になるようであれば、デザインの一部に溶け込んでいく、ゴーストボタン風がオススメかと。

写真の明度を落とすか、黒色レイヤーを透過させて写真に乗せる。タイトル部分も白い枠線で囲み、多少浮き上がらせるのであれば、背景に黒レイヤーを追加して透過させる。ゴーストボタンの作成は、こんな感じでサクッと出来ます。

Fimoのブログタイトル表示・まとめ

検索エンジンのガイドラインは、「過剰」なキーワードやテキストを、見えないように埋め込まない事。と解釈できますが…。

Fimoのタイトル部分には見出しタグも使われている為、transparentを当てて透明文字にしてしまうと、「隠しテキストと隠しリンク」のペナルティに抵触する可能性も残ってしまいます。使用している箇所が1つだけであっても、チャレンジしない方が無難。

それよりは、表示される文字を活かしたヘッダーデザインが大切かと。

作例に出したゴーストボタン等は、昨年辺りから流行っている手法で、デザインと写真素材の一体感を出しやすくなりますし、ぼかしやグラデーションに関しても、iPhoneから人気になったデザイン手法です。

せっかくブログを書くなら、少しでも多くの方に見てもらいたいと思うでしょうし、記事を書くモチベーションにも繋がると思います。知らないうちに、自分のブログがブラックハットSEOと判断され、検索結果に表示されなくなってしまうのは勿体無いです。

個人的な感覚として、タイトル文字にtransparentを使用するのは少し違和感があったので、こっそりと記事を書いてみましたが、少しでも参考になればと思います。大事なプライベートタイムを削って書くブログだと思いますので、大切に育ててあげて下さい。

それでは、失礼致します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2015年3月6日 PM 1:05

    はじめまして。突然のコメント失礼いたします。
    fimoブログタイトル、もの凄く参考になりました!!

    事後承諾になって大変申し訳ありませんが私のfimo内のブログにリンクを貼らせていただいたのですが宜しいでしょうか?

    もし迷惑だったりご不快でしたら即外すのでお申し付けください。

    • comment-user
      MACO
      2015年3月7日 PM 12:37

      記事読ませて頂きました!!
      ご丁寧にコメント頂き、ありがとうございます!!

      リンクの件は、気になさらず気軽に使って下さいませ(^^ゞ

      最近は、ちょくちょくとfimoを覗かせてもらっていたんですが、その中で気にはなったものの、IPアドレスの一件以来コメントを入れる事に対して、心のどこかで引っ掛かりがあり…。このブログを読んで下さってる方に伝われば良いかな。という位の気持ちで書いたのですが、こんな形でご本人様に届いてるとは…(^_^;)

      SEOに関しては、年を重ねる毎にアルゴリズムが変わるので…。ぶっちゃけた話、基本的なサイトの構造が、検索エンジンに伝わっていれば、それで良いと思ってます。

      つい最近までは重要だとされていた「外部からのリンク」も、多数のブログが羅列されているランキングサイトや、内容の薄いサイトの相互リンクは、評価を落とす方向に移行されているという話もありますし。

      それよりも、やはりコンテンツの内容や、オリジナリティーが大事かと。

      ただ、今回のように知らず知らずのうちに、マイナス評価は勿体無いと思ったので、コッソリと記事を書いてみました(笑

      fimoを使った事がないので、どの程度の事が出来るのかは分かりませんが、せめて一般的な無料ブログと同様、HTMLとCSS部分辺りは好きに弄れると、カスタマイズする楽しさも増えるのだと思いますが…。

      外から見ていると、色々と大変な事もありそうなfimoですが…。確かに、始めたばかりでもアングラーさん同士が繋がりやすいメリットはあると思います。

      後は、検索結果の順位が変われば、もっと外部からのアクセスも増えそうなんですが。何だか、検索結果でfimoブログが出てくる割合が少ない気がします…(^_^;)

      長くなりましたが。
      今回はご紹介頂き、ありがとうございました!!

      これからも頑張って下さい!!(^^ゞ

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※5月27日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!