秋シーバスの勝負ルアーはフックを交換しておく

秋シーバスの勝負ルアーはフックを交換しておく

シェアして頂けると嬉しいです!!

はい。
今回は、秋の勝負ルアーのお話。

秋のハイシーズンに釣れるシーバスは、大量のベイトを食べてパワフルになっている個体が多いので、豪快な引きを楽しめる季節でもあります。そんな季節を満喫する為に、勝負ルアーのフックを交換しておくと良いかもしれません。

ベイトを追っているシーバスの特徴として、ゴン!とひったくる強烈な当たりが出る事が多くなります。強い当たりが出るのであれば、ルアーを食べて来た魚の力も利用できるので、フッキングは決まりやすくなる。

なので、「これなら釣れる!」と信頼を置いている勝負ルアーのフックを、バレにくい物に交換しておくのも一つの手かと。

今回は、勝負ルアーのフックについて書いてみたいと思います。

フックの形状で変わる特徴について

過去にも記事を書きましたが、シーバスを釣り上げるフックの形状にも特徴があり、大まかに分類すると、貫通力(フッキング)を重視した「シーバスを掛ける」タイプのフックと、魚の保持力を高めた「バレにくい」タイプの形状があります。

※参考記事
ラウンドベンドとスプロートベンドの違い

バチシーズンのように、チュポっと吸い込むような弱い当たりの場合は、シーバスを掛ける事を目的としたフックの出番が多くなりますが、強い当たりの出る秋に関しては、バラシを減らす工夫に重点を置くと良いかも知れませんね。

6番までのルアーには迷わずSTX-58を装備

秋のシーズンに関係なく、勝負ルアーに使っている信頼できるフックが、STX-58というPEライン対応のフック。特徴としては、「刺さりやすい・身切れしにくい・強い」といった、欲しい要素が詰まったフックなんですが、他の物と比べて、お値段は若干高くなっています。

STX-58
STX-58(カルティバ スティンガートリプルエクストラ58)

※参照記事
シーバスのバラしが減る?!STX-58を使った感想!!
サヨリパターンのルアーとシーバスの釣り方
STX-58を使ったピンポイント仕様のチビ冷音

色んな記事で使用例を書いているSTX-58ですが、「このフックで穫れなければ仕方ない」と思えるほど気に入っているフック。ただ、6番までのラインナップとなっているので、フックのサイズが小さいものには使えないのが残念なところ。

使用感は抜群なので、勝負ルアーに6番までのフックが付いている場合は、バラシ軽減の為にも導入してみる価値はあると思います。

小さいフックはSP(スプロートベンド)と交換

フックの形状の参考記事に、スプロートベンドの特徴も書いてありますが、貫通力は弱まるものの、パワフルなシーバスの力を利用出来るので、ラウンドベンドの貫通力では無く、保持力を選択しても面白いと思います。先日、カタクチの中からシーバスを釣った…。

アーダも
秋シーバスの勝負ルアーはフックを交換しておく

スプロートベンドに変更した物を使っていました。こちらのタイプであれば、小さい番手のフックもラインナップされていますので、6番までにはSTX-58、それより小さい物にはスプロートベンド。といった使い分けでも良いかと思います。

勝負ルアーはフックを交換・まとめ

シーバスが沢山釣れる季節とは言え、せっかく掛けたシーバスをバラせば、やはり残念な気持ちになってしまいます。バチシーズンには針掛かりを重視する方が無難ですが、体力が回復した初夏や荒食いの秋には、保持力を重視したチョイスも面白いかと。

ただ、釣り場に持って行くルアーのフックを、片っ端から交換してしまうと、かなりの金額になってしまいますし、その都度の付け替えも面倒。

なので、フック交換するルアーを厳選し、釣り場の雰囲気が上がって来るまでは、ノーマル仕様のルアーを使っておき、ベイトが集まりボイルが始まれば勝負仕様のルアーを使用する。なんていう使い分けで十分だと思います。

※まぁ、ノーマル仕様を使っている時にバラせば、フックのせいでなくても「あぁ、勝負ルアー使っておけば良かった…」とネガティブになるんですが…(笑

とにもかくにも、形状によって特性が変わりますし、シーバスを釣るには欠かせない道具なので、フックの部分に注目しても損は無いと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。今回の投稿と同じカテゴリーにある、次の記事は「」、前の記事は 「」となっております。

また、このカテゴリーが含まれている 「シーバス釣り」ジャンルには 「735件」 の投稿があります。カテゴリー内での人気記事や、ブログの最新記事リストも記載しておきますので、宜しければ合わせてご覧くださいませ。

シェアして頂けると嬉しいです!!

Comment

お気軽にコメント下さい
  1. comment-user
    2015年10月13日 PM 7:27

    STX-58には、去年お世話になりました。
    がまかつのSP-MHでは取れない魚を何本か確保させて頂きました。
    PE時代にマッチしたフックだと思いますね。

    しかし、アーダ、よく禿げましたね〜
    邪道さんのプラグは、ごっつぁんも良く塗装が禿げますね(^^;;

    • comment-user
      MACO
      2015年10月13日 PM 10:15

      STX-58、良いフックですよね!!
      今年は、このフックが活躍するタイミングで、釣り場に立てるのか分かりませんが、年内いっぱいまでは持ち歩いている予定です。

      このアーダ、発売日から使ってますからね~。

      アチコチ擦ったり、扱いが雑なんで…。可哀想な感じになってしまってますが、いい感じに味が出ているので、気に入ってはいるんですが…(^_^;)

お名前(ペンネーム)

あなたのBLOG URL ※無記入でもOK!

コメント記入欄

SHARE RANKING
※8月24日現在、同じカテゴリー内にて、主要SNSでのシェア数合計が多い投稿のランキングです。
SHARE シェアして頂けると嬉しいです!!